旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

4期連続最終赤字のサマンサタバサがコナカの連結子会社に、海外事業は創業者 寺田和正氏の新会社に譲渡

2020年05月02日00時45分 / 提供:Fashionsnap.com

【画像を拡大】
 サマンサタバサジャパンリミテッドの2020年2月期は、最終損益が23億8,400万円の赤字(2019年度は13億3,700億円の赤字)で4期連続の赤字決算となった。業績改善を目指し改革を進めてきたが、増税や災害に加え、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い出店先の商業施設が休業したことで来店客数が大幅に減少したという。先行き不透明の中、コナカグループとの連携強化を図るため、同社に3割出資しているコナカの連結子会社フィットハウスと今年7月1日付で合併することを決議。これに伴いフィットハウスは解散し、サマンサタバサジャパンリミテッドはコナカの連結子会社となる。 【あわせて読みたい】サマンサタバサが4期連続で赤字転落へ、黒字化は来期に持ち越し
 コナカは2019年9月に女性顧客層の獲得を目的にサマンサタバサジャパンリミテッドの株式を取得し、持分法適用関連会社化している。フィットハウスとの合併後、サマンサタバサジャパンリミテッドの大株主および持株比率はコナカが59%、創業者の寺田和正氏が16%となる。コナカグループはサマンサタバサジャパンリミテッドを連結子会社することで、ファッション事業の競争力強化とともに経営資源の最適化・効率化を図る。...

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

エンタメカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る