旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

「リシュモン」第1四半期はEC事業が成長、香港はデモの影響で売り上げ減

2019年07月19日18時03分 / 提供:Fashionsnap.com

【画像を拡大】
 リシュモングループが第1四半期の決算を発表した。全体の売上高は37億4,000万ユーロ(約4,528億6,000万円)で前年同期比12%増。
 グループには「カルティエ(Cartier)」「ヴァン クリーフ&アーペル(Van Cleef & Arpels)」「ピアジェ(Piaget)」「ヴァシュロン・コンスタンタン(VACHERON CONSTANTIN)」などのブランドが属しており、売上比率はジュエリーブランドが約50%、時計ブランドが約20%、オンラインディストリビューターが約15%、「クロエ(Chloé)」や「ダンヒル(d...

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

エンタメカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る