旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

「リボーンアートフェスティバル」第2回はエリア拡大、草間彌生や浅野忠信らが参加

2019年03月26日12時30分 / 提供:Fashionsnap.com

【画像を拡大】
 石巻と牡鹿半島を中心に現代アート、音楽、食にフォーカスした総合芸術祭「リボーンアートフェスティバル 2019(Reborn-Art Festival 2019)」が、8月3日から9月29日まで開催されることが決定した。第2回を迎える今回は「いのちのてざわり」をテーマに、草間彌生や増田セバスチャン、浅野忠信らが出品。新たにマルチキュレーター制を導入し、名和晃平や小林武史らがキュレーターに名を連ねる。
 アートでは新たな展示エリアとして網地島を追加し、エリアを拡大。小林がキュレーションする桃浦エリアは「リビングスペース」をテーマに草間や増田、パルコキノシタらの作品を公開する。名和は荻丘エリアのキュレーションだけではなく自身の作品も出品。このほか、島袋道浩がキュレーターを務める鮎川エリアには吉増剛造や青葉市子、豊嶋秀樹がキュレーションする小積エリアには坂本大三郎+大久保裕子や津田直、堀場由美子、ワ...

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

エンタメカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る