旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

三越伊勢丹グループが中国にデジタル体験型ショッピングセンター、現地企業と合弁会社設立

2019年10月18日17時03分 / 提供:Fashionsnap.com

【画像を拡大】
 三越伊勢丹ホールディングスが10月17日、同社の子会社である天津伊勢丹有限公司(以下、天津伊勢丹)と、中国国内で商業施設開発を行う仁恒置地投資管理(以下、上海仁恒)が新商業施設の開発を目的とした合弁会社を設立すると発表した。設立時期は12月頃を予定。
 新合弁会社の名称は「仁恒伊勢丹商業有限公司(名称予定)」。資本金は4億元(約60.4億円)で、上海仁恒が51%、天津伊勢丹が49%出資する。  新商業施設の開発エリアは中国・天津で、延床面積は約10万平方メートル。「ショッピングミュージアム」をコンセプトに、ビューティーや食、ファッション、ライフスタイルを提案するデジタル体験型のショッピングセンターとして運営するという。開業時期は2020年末を予...

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

エンタメカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る