旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

松屋の2月売上高は3割減、新型コロナウイルスの影響で前年下回る

2020年03月02日15時56分 / 提供:Fashionsnap.com

【画像を拡大】
 松屋が3月2日の今日、2月の売上速報を発表した。銀座店と浅草店の両店合計の売上高は、前年同月比(速報値)31.6%減となった。 【こちらもチェック】新型コロナウイルスで百貨店や商業施設が営業時間短縮、大丸などは臨時休業へ
 各店の売上高の前年同月比は銀座店が32.4%減、浅草店は15.3%減だった。昨年よりも春節期間が10日間ほど前倒しになったことで、銀座店では前年に対して免税売上高が5%減となったほか、新型コロナウイルスの影響で主に中国人観光客による売上が大きく減少したことも起因し、インバウンド全体の売上高が前年に対して約7割減となったという。  浅草店では、主力の食品カテゴリーである保存食品などが堅調に推移する...

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

エンタメカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る