旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

UA第2位の大株主に前澤氏 ユナイテッドアローズとアダストリアに総額約75億円を投資

2020年08月13日18時07分 / 提供:Fashionsnap.com

【画像を拡大】
 ZOZO創業者の前澤友作氏が、ユナイテッドアローズとアダストリアの大株主になったことがわかった。今回の株式取得により、前澤氏はユナイテッドアローズ社では創業者で名誉会長の重松理氏に次ぐ第2位の大株主となる。重松氏がユナイテッドアローズをゾゾタウン(ZOZOTOWN)に出店させたことからZOZOの躍進が始まったと言われており、それ以来前澤氏と重松氏は旧知の仲と言われている。
 前澤氏は8月7日までに、ユナイテッドアローズ株の7.97%を約35億2864万円で、アダストリア株の5.6%を39億7390万円でそれぞれ取得。総額約75億円を投資したことになる。大量保有報告書の保有目的には「純投資を基本とするが、発行者経営陣との間で友好的な関係が構築されることを前提として、必要に応じて企業価値向上のための助言または提案を経営陣に対して行う可能性もある」と記されている。  両社...

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

エンタメカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る