旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

コロナ打撃を受けたラグジュアリー市場は2022年〜23年まで回復見込めず、米コンサル会社が予測

2020年05月14日16時15分 / 提供:Fashionsnap.com

【画像を拡大】
 米コンサルティング会社「Bain & Company」がイタリアの高級ブランド財団 「Fondazione Altagamma」と共同で、新型コロナウイルス感染拡大によるラグジュアリー市場への影響と今後の見通しを示すレポートを発表した。
 レポートによると、2020年初頭は中国、ヨーロッパ、アメリカにおけるラグジュアリー市場全体の売り上げは好調だったが、新型コロナウイルスの感染拡大が市場の成長にブレーキをかけ、2020年第1四半期の売上は前四半期(2019年10月〜12月)に比べ25%ダウンした。売り上げの低下は年末にかけてさらに加速し、年間の売り上げは前年比で少なくとも20〜35%減少する可能性があるという。2022年〜2023...

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

エンタメカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る