旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

年会費5万〜20万円のクレジットカード「ラグジュアリーカード」が好調、会員の半数はミレニアル世代

2020年02月07日17時06分 / 提供:Fashionsnap.com

【画像を拡大】
 「マスターカード(Mastercard)」最上位クラスのクレジットカード「ラグジュアリーカード(LUXURY CARD)」の日本上陸後初となる事業戦略発表会が2月7日、都内で開催された。会員数は2016年の上陸から右肩上がりに伸長し、2019年には約3倍に増加。年会費は5万〜20万と高額でありながら、会員の半数近くがミレニアル世代(1980年以降に生まれた世代)で占めているという。
 ラグジュアリーカードは起業家のスコット・ブラム氏が2008年にアメリカで創業。日常から旅行シーンまで質の高いパーソナルサービスを提供する金属製カードとして、セレブリティを中心に愛用されている。アメリカと日本に続き、2018年には中国本土に上陸。カードはゴールド、ブラック、チタニウムの全3種類を発行し、最上位のゴールドカードには24金コーティングが施されている。  日本の会員の平均年収は1,700...

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

エンタメカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る