旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

ロエベと日本の陶芸作品や和柄が融合 20AWテーマは「ファッションと遊ぶことを愉しむ」

2020年03月03日09時40分 / 提供:Fashionsnap.com

【画像を拡大】
 「ロエベ(LOEWE)」がパリで行われた2020-21年秋冬コレクションのショーで日本人陶芸家の桑田拓郎とコラボレーションしたアイテムを披露した。
 クラフトとの新しい関わり方を探求しながら「ファッションと遊ぶことを愉しむ」をテーマに掲げた今シーズンは、素材やボリュームのバリエーションが豊富。ウールやブロケード、ジャカードシルクや厚手のコットンなど、異なる質感が様々な表情を生み出している。ドレープやギャザー、誇張された袖や彫刻のような襟によって、ドラマティックなシルエットを作り上げた。  桑田拓郎は、伝統技法を踏襲しながら独創的な作品を生み出...

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

エンタメカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る