旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

"稲妻マーク"がシンボル「ライトニングボルト」から新ライン登場

2019年02月27日13時50分 / 提供:Fashionsnap.com

【画像を拡大】
 ハワイ発サーフブランド「ライトニングボルト(Lightning Bolt)」が、2019年春夏シーズンから新ライン「ライトニングボルト ブラックレーベル(LIGHTNING BOLT BLACK LABEL)」を始動する。今シーズンは「RHC Ron Herman」限定で展開。3月1日からロンハーマン千駄ヶ谷店、3月2日からRHC ロンハーマンみなとみらい店、豊洲店、川崎店、大阪店で販売される。
 1960年代、ハワイでレジェンドサーファー ジェリー・ロペスとその仲間たちがシンボルマークとしてサーフボードに"稲妻マーク"をつけていたことをきっかけに、1971年にサーフブランド「ライトニングボルト」が誕生。ロペスの活躍とともにブランドの人気も高まり、1978年公開のロペス主演のハリウッド映画「BIG WEDNESDAY」が大ヒットし、これを追い風に世界的なブランドに成長した。  ブランドデビ...

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

エンタメカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る