旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

大阪府がパートナーシップ制度開始へ、即日受領証を交付

2020年01月16日20時03分 / 提供:Fashionsnap.com

【画像を拡大】
 大阪府が、LGBTQを対象にした「大阪府パートナーシップ宣誓証明制度」を1月22日から開始する。パートナーシップ制度を導入した都道府県は、茨城県(2019年7月開始)に次いで2例目となる。 【あわせて読みたい】港区がLGBTQの性表現の自由を保障、性別による制服の制限解消も視野に
 パートナーシップ制度の対象者は、申請者の少なくともどちらか一方が府民もしくは府内への転入を予定していることが必須。パートナーシップ宣誓の希望日から3開庁日前までに電話かメールで事前予約する必要があり、当日は宣誓する2人が必要書類を持参して来庁し、要件を満たしていると確認できれば即日受領証を受け取ることができる。  大阪府は昨年10月30日、性的指向と性自認の多様性を尊重し、全ての人が自分らしく生...

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

エンタメカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る