旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

写真家の石川和人が個展で仮想と現実の狭間"ハイパーリアル"を表現した作品公開、橋本祐樹とのコラボも

2019年07月27日11時00分 / 提供:Fashionsnap.com

【画像を拡大】
 写真家の石川和人が、個展「こんしゅうはぜんぺんで、らいしゅうはこうへんなんだよ、ばいばい」をコンテンポラリーアートギャラリー ユーカリオ(EUKARYOTE)で開催する。会期は8月2日から8月25日まで。 【あわせて読みたい】濱田祐史や水谷吉法らアート写真家の作品がTシャツに、IMAが「エディション」とのコラボプロジェクト始動
 石川和人は、シミュレーションと現実の区別がつかなくなる「ハイパーリアル」を表現した写真作品を発表している。今回の個展では3フロアに分けて作品を展示。1階では、1枚の紙を様々な角度から光を取り入れトリミングして撮影するという新しい手法で制作した「Matter of light」シリーズ作品を公開する。2階ではファッションデザイナー橋本祐樹とのコラボレーションした作品を発表。3階では「...

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

エンタメカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る