旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

ジェフ・クーンズのうさぎの彫刻が約100億円で落札、存命作家の作品では史上最高額

2019年05月16日20時54分 / 提供:Fashionsnap.com

【画像を拡大】
 ニューヨークを拠点に活動する現代アーティスト ジェフ・クーンズ(Jeff Koons)のステンレス製の彫刻作品「ラビット(Rabbit)」が、クリスティーズ(Christie's)のオークションで9,107万5,000ドル(約100億円)で落札された。存命のアーティストの作品としては史上最高額となる。
 同作品はバルーンアートのような曲線と光沢感を施したクーンズの代表シリーズのうちのひとつで、1986年に制作。所有者は故S.I.ニューハウス(S.I. Newhouse)氏で、同氏は遺族を通じて11作品をクリスティーズに出品していた。  ジェフ・クーンズは過去に「H&M」の世界最大級ストアであるニューヨークのタイムズスクエア店でコラボレーションのアート作品やアイテムを展開。また、レディー・ガガ(L...

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

エンタメカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る