旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

NBAスターのジェームズ・ハーデン、サックス・フィフス・アベニューのEC事業会社の社外取締役に

2021年06月16日18時35分 / 提供:Fashionsnap.com

【画像を拡大】
米百貨店「サックス・フィフス・アヴェニュー(Saks Fifth Avenue)」のEコマースビジネスを運営するサックス社が、NBAのスター選手 ジェームズ・ハーデン(James Harden)を社外取締役に迎えたと発表した。卓越したラグジュアリーEコマースプラットフォームとして成長するための重要な戦略の一つと位置付けている。
ハーデンはブルックリン・ネッツに所属し、2020年は3シーズン連続で得点王に輝いた。バスケットボール選手のほか、投資家や起業家の一面も持つ。サックス社はハーデンについてユニークな視点を持ったファッション愛好家で、ポテンシャルの高いコンシューマーブランドに成長させる能力があると評している。  ハーデンは「サックスの取締役会に参加し、高級小売業の未来を切り拓く企業の一員となることを光栄に思いま...

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

エンタメカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る