旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

日比谷花壇が初のグランピング施設を相模原市に開業、ドーム型テントやパノラマデッキを完備

2020年07月03日19時51分 / 提供:Fashionsnap.com

【画像を拡大】
 日比谷花壇が、初のグランピング型宿泊施設「日比谷花壇の"STAY"『里楽巣 FUJINO(リラックスふじの)』」(以下、里楽巣 FUJINO)を神奈川県相模原市に8月21日にオープンする。8月1日から公式サイトで予約を受け付ける。
 里楽巣 FUJINOは「ココロもカラダも喜ぶ場所」をコンセプトに掲げ、総面積800平方メートルの敷地内に和風グランピングサイト「ルリ(RURI)」と洋風グランピングサイト「エクリュ(ECRU)」の2サイトを展開。各サイトには28平方メートルのドーム型テントをはじめ、山並みを望むことができるパノラマデッキやカウンターテーブル、ガーデンテーブル、バーベキュースペースなどが揃う。サイト内では共用のシャ...

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

エンタメカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る