旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

阪急阪神百貨店が「ウィーチャットペイスマート百貨店」に認定、阪急うめだ本店では化粧品予約受取サービスを開始

2019年07月17日20時24分 / 提供:Fashionsnap.com

【画像を拡大】
 エイチ・ツー・オーリテイリンググループの阪急阪神百貨店が、中国国外初となる「ウィーチャット(微信/WeChat)ペイスマート旗艦百貨店」に認定された。 【あわせて読みたい】H2Oリテイリングがココカラファインと業務提携、2020年4月に合弁会社設立へ
 阪急阪神百貨店は、中国のSNSでナンバー1シェアのアプリ「ウィーチャット」を展開するテンセント・ホールディングス(騰訊控股有限公司)と共同で様々なサービスの開発や導入を行っている。「ウィーチャットペイ(WeChatPay)」は2017年に導入を開始。現在は阪急メンズ大阪含む阪急本店、阪神梅田本店、阪急メンズ東京など9店舗で展開しており、「ウィーチャット ミニプログラム」にも着手するなど日本の百貨...

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

エンタメカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る