旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

ロエベと6シーズン連続コラボ、自分自身を双子にするアーティスト フミコ・イマノが個展を開催

2020年10月06日17時43分 / 提供:Fashionsnap.com

【画像を拡大】
フミコ・イマノ(fumiko imano)が、個展「somehow somewhere sometimes at some place for some reason」を天王洲のアートコンプレックスにあるギャラリーKOSAKU KANECHIKAで開催する。期間は10月17日から11月21日まで。 fumiko imanoへのインタビュー 【インタビュー】自分を双子に ロエベが注目した日本人アーティストfumiko imanoとは?
フミコ・イマノは1974年生まれ。2歳から8歳までブラジル・リオデジャネイロで過ごし、セントラル・セント・マーチンズ美術デザイン大学でファインアート専攻。その後、ロンドン・カレッジ・オブ・ファッションでファッションスタイリングと写真を学んだ。2018年春夏コレクションから、6シーズン連続で「ロエベ(LOEWE)」とコラボレーションしたことでも知られている。代表作は、35mmカメラで撮影したセルフ...

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

エンタメカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る