旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

主要百貨店6社の10月売上は前年同期からほぼ横ばい、増税後の買い控えが影響

2020年11月02日18時34分 / 提供:Fashionsnap.com

【画像を拡大】
三越伊勢丹ホールディングス、そごう西武、J.フロント リテイリング、松屋高島屋、エイチ・ツー・オー リテイリングの主要百貨店6社が11月2日の今日発表した10月の売上(速報値)は、既存店ベースで前年同月からほぼ横ばいだった。全社とも昨年10月に消費税増税後の売上落ち込みが大きかったことから、マイナス幅は縮小傾向となった。
各社の前年同月比の売上高は、三越伊勢丹ホールディングスが0.6%減、そごう西武が6.3%増、J.フロント リテイリング(大丸松坂屋百貨店)が3.7%減、松屋銀座本店)が12.6%減、高島屋が1.9%増、エイチ・ツー・オー リテイリング(阪急阪神百貨店)が2.8%減だった。  いずれも免税売上は引き続き低調。松屋銀座本店は、昨年10月初旬の国慶節などで好調だったインバウンド売上の反動で、6社の...

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

エンタメカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る