旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

大手百貨店2月売上高が前年割れ、新型コロナウイルス感染拡大が影響

2020年03月02日19時15分 / 提供:Fashionsnap.com

【画像を拡大】
 三越伊勢丹ホールディングス、高島屋松屋、エイチ・ツー・オー リテイリング、J.フロント リテイリングなど百貨店各社が3月2日の今日、2月の売上速報を発表した。日本国内での新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛ムードが広まり、各百貨店の売上高に大きなダメージを与えた。 【こちらもチェック】新型コロナウイルスで百貨店や商業施設が営業時間短縮、大丸などは臨時休業へ
 各社の売上高の前年同月比(速報値)は三越伊勢丹ホールディングスが15.3%減、エイチ・ツー・オー リテイリング(阪急阪神百貨店神戸阪急高槻阪急を除く)が14.3%減、松屋が31.6%減、高島屋が11.7%減、J.フロント リテイリング(大丸松坂屋百貨店)が21.8%減だった。三越伊勢丹ホールディングスでは、売上が5ヶ月連続で前年実績を下回った。インバウンド売上に関しては、新型コロナウイルスの...

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

エンタメカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る