旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

ゾフ、ジンズ、眼鏡市場で花粉対策メガネの売上が倍増 新型コロナウイルス感染予防で注目

2020年02月05日20時37分 / 提供:Fashionsnap.com

【画像を拡大】
 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、アイウェアブランド各社が販売する花粉対策メガネの売上が急激に伸長している。花粉対策メガネには花粉が目元に付着するのを防ぐフードが付いているが、新型コロナウイルスの流行を背景に感染防止の保護メガネとしての需要が伸びているという。 【あわせて読みたい】国内アパレル各社も新型コロナウイルス対策、店頭スタッフのマスク着用強化
 コロナウイルスは中国・武漢を中心に世界的に感染が拡大しており、日本国内でも感染予防の注意が喚起されている。日本環境感染学会によると、ウイルスは基本的に飛沫により感染するため、手指の衛生管理に注意が必要で、菌が付着した手を介して目や口の粘膜に接触することで感染の危険が高まるという。  「ゾフ(Zoff)」では、花粉対策メガネ「ゾフ・プロテクト(Zoff +PROTECT)」が発売から1週間の売上が...

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

エンタメカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る