旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

心拍計とGPS機能付きの「Gショック」発売、専用アプリで消費カロリーの管理も可能

2020年02月28日12時35分 / 提供:Fashionsnap.com

【画像を拡大】
 カシオ計算機の耐衝撃ウォッチ「Gショック(G-SHOCK)」から、心拍計とGPS機能を搭載した「GBD-H1000」が4月24日に発売される。価格は税別5万5,000円。 【あわせて読みたい】カシオ計算機が海外子会社元従業員の不正行為を公表、15年間で約7億円を着服
 GBD-H1000は、血管の血流量の変化を感知して心拍数を測定できる光学式センサーや位置情報を取得するGPS機能のほか、方位、気圧、高度、温度を計測できるセンサー、歩数や移動距離の測定が可能な加速度センサーなどの機能を搭載。専用のアプリケーションを連動させると、各種センサーの計測データを解析でき、心肺機能の指標を確認することができる。また、アプリでは消費カロリーや移動軌跡といったデータ履歴の管理...

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

エンタメカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る