旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

開発エリア「下北線路街」に新商業施設、本屋B&Bなど個性派店舗が入居

2020年03月30日17時41分 / 提供:Fashionsnap.com

【画像を拡大】
 小田急電鉄が推進する小田急小田原線 東北沢駅世田谷代田駅間の開発エリア「下北線路街」に、店舗兼用住宅の商業施設「BONUS TRACK」が4月1日に開業する。オープンに先立ち、内部が公開された。 【あわせて読みたい】下北沢の開発エリアの新名称が「下北線路街」に決定、numabooks内沼晋太郎らが参画
 「下北線路街」は全長1.7km、敷地面積約2万7,500平方メートルにおよぶ地域に密着した新たな街づくりのプロジェクトで、周辺には商業施設のほか保育園や学生寮、温泉旅館、都市型ホテルなどが順次加わる予定。BONUS TRACKは店舗と住宅が一体となったSOHO棟(4棟)、4店舗が入居する商業棟(1棟)の計5棟から構成される新たなスタイルの商店街で、周辺住民をはじめ下北沢エリアの来街者をターゲット...

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

エンタメカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る