旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

ビームスが25年親しまれたプラ製ショッパーを廃止、サステナビリティ向上の一環

2021年04月22日19時05分 / 提供:Fashionsnap.com

【画像を拡大】
「ビームス(BEAMS)」が、サステナビリティを改善する取り組みの一環で、ビニール製のショッピングバッグを廃止し、コットン製のショッピングバッグを5月1日から販売する。価格は税込550円。ビニール製のショッパーは、1986年にビームスの創業10周年を記念して誕生して以来、長年使用してきたもので、素材の変更後もドローコードで入り口を絞り、肩からかけられるデザインを踏襲する。
ビニール製のショッパーは、インクの載せ方や組紐の編み方など細部まで工夫を凝らして生産。時代の流れに合わせて、分別しやすいようにハトメの素材を変更し、植物由来の原料を一部使用した素材に切り替えるなど改良を重ねてきた。2019年の集計によると、年間39万枚を用意していたという。  ビームスは、ビニール製のショッパーをGOTS認証を受けた100%オーガニックコットンに切り替えることで、プラスチッ...

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

エンタメカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る