旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

青山商事がシェアオフィス事業に参入、「洋服の青山」の余剰スペースを活用

2020年09月25日21時53分 / 提供:Fashionsnap.com

【画像を拡大】
青山商事が、シェアオフィス事業に参入することを発表した。「洋服の青山」水道橋東口店内に、1号店「ビー・スマート 水道橋店(BeSmart)」を10月8日に出店する。 あわせて読みたい 青山商事、AOKI、はるやまの紳士服大手3社が大幅減収 マスクは販売好調
シェアオフィスは、店舗を約5割縮小してできた余剰スペースを活用。広さは約264平方メートルで、防音設備を備えた個室やクワイエットルーム、打ち合わせやリモート会議にも対応する会議室を展開する。座数は会議室を含め全90席で、店内設備としてWi-Fiや電源、フリードリンクを用意するという。店内のテーブルの一部にはスーツを再利用した素材「リフモ」を使用し、環境にも配慮した。料金プランは1時間単位で使用で...

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

エンタメカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る