旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

ANA客室乗務員がヒールなしシューズの着用可能に、社内規定を見直し

2020年05月12日11時37分 / 提供:Fashionsnap.com

【画像を拡大】
 全日本空輸(ANA)が、女性の客室乗務員や地上係員、ラウンジスタッフなどが着用する靴に関する服装規定を見直し、これまで「3~5cm程度」としていたヒールの高さについて下限を設定せず「5cm程度以下」に変更した。5月1日から適用している。
 同社の広報担当者は、今回の社内規定の見直しについて「働きやすく、長く勤め続けられるよう職場・業務環境を改善する活動の一環。働き方、職場環境、制服などを含めた社内ルールは、改善点があれば随時変更を行っている」と説明した。従来の服装規定通り黒色無地の革靴の着用が定められており、安全性およびフォーマルさの観点からバレエシューズタイプやローファー、表革のパンプスなどは不可としている。  なおANAのほか...

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

エンタメカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る