旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

第39回女子駅伝で区間賞は全員「ナイキ」着用、6区中4人が区間新

2021年11月01日20時04分 / 提供:Fashionsnap.com

【画像を拡大】
10月31日に開催された第39回全日本大学女子駅伝対校選手権で、「ナイキ(NIKE)」のランニングシューズを着用した選手が6区間すべての区間賞を獲得した。いずれの選手も「ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト%」(以下、アルファフライ)か、「ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト% 2」(以下、ネクスト%2)を着用していた。
アルファフライとネクスト%2はいずれも、マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)や2020年の箱根駅伝で"ピンクの厚底シューズ"として話題を集めた「ナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%」の後継モデル。アルファフライは前足部に配置した2つの「ナイキ ズーム エア ポッド」が特徴で、フォームはネクスト%より増量したナイキ史上最もソフトで軽いフォームの「ズーム X フォーム」...

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

エンタメカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る