旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

なりたい自分を遠ざけてしまう口ぐせとは?

2018年09月24日19時00分 / 提供:新刊JPニュース

「でも」や「だって」といった言葉が口ぐせになってはいないだろうか。「言霊」という言葉があるように、言葉には魂があるように言われることは多い。ネガティブな言葉を普段から使っていると、物事がうまくいかなかったり、気持ちも上がらなくなるのだ。

『絶対幸運「ことだま」』(水蓮著、KADOKAWA刊)は、名前の持つ音の響きと性格分析を組み合わせた独自の鑑定法「ことだま鑑定(R)」の創始者の著者が、人生を思ういい方向に変えていくための日常生活で気軽に多用すると良い「ことだま」を集め、実践的でコミュニケションを円滑にしていくための言葉を紹介する一冊だ。

水蓮氏が講座や鑑定などを行い、水蓮流ことだまの鑑定者数は6000名を超えるという。
そして、鑑定を重ねる中で、悩みが多い人は複雑な考え方をしていたり、人に伝わりにくい言葉を使っていたりすることが多く、逆にうまくいっている人は、シンプルな考え方や分かりやすい言葉を使っていることが多いことに気づいたという。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る