旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

秀逸な本のタイトルを決める“日本タイトルだけ大賞” 2020年の大賞は『あやうく一生懸命生きるところだった』

2020年12月10日23時20分 / 提供:新刊JPニュース

“ほぼ2020年”に出版された書籍から最も秀逸なタイトルを選ぶ第13回「日本タイトルだけ大賞」の最終審査が12月10日に開催され、大賞受賞作が決定した。

思わず唸ってしまうタイトルから、つい笑ってしまうユーモア溢れるタイトルまで、バラエティ溢れる書籍タイトルが並ぶ本賞。
様々な出来事があった2020年で最も秀逸なタイトルとして選ばれたのは、『あやうく一生懸命生きるところだった』(ハ・ワン著、岡崎暢子訳、ダイヤモンド社刊)。
また、最も残念なタイトルに贈られる残念賞には『村上春樹のせいで』(イム キョンソン著、渡辺奈緒子訳、季節社刊)が選ばれた。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る