旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

整形外科専門医が指摘「人生100年時代」に知っておくべき腰とひざと股関節のこと

2020年11月13日19時00分 / 提供:新刊JPニュース

多くの人が100歳近くまで生きる現代、そこで問題になるのは「いつまで健康でいられるか」という健康寿命です。そして誰しも、できることなら最後まで自分の足で歩きたいもの。人生において大切なのは「歩行寿命」なのではないでしょうか。年齢を重ねれば腰やひざ、股関節などに不調が出るのは避けて通れないことです。しかし年を取って歩けなくなっていくことを仕方のないことと諦めてしまう人がほとんどです。

加齢により腰ひざ股関節に痛みが出たり曲がったりして歩けなくなっていく現象を「腰ひざ股関節シンドローム」と名付け、痛みが出る原理や対処法について記しているのが、腰・関節手術の名医として知られる三輪道生医師の著書『腰ひざ股関節シンドローム 100歳までシャキッと歩くために知るべきこと』(幻冬舎刊)です。

いったい、なぜ腰やひざ、股関節は痛みが出たり、曲がったりするのか、腰痛や坐骨神経痛の原因は何なのか、痛みが出てしまった時はどうすればいいのかなど、三輪医師にお聞きしました。
■一度壊れた関節は自然に回復しない「人生100年時代」に知っておくべき腰と関節のこと

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る