旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

私をいじめていた「あの子」に15年ぶりに会って感じたこと【不登校新聞】

2021年08月27日12時00分 / 提供:ニコニコニュース

 いじめ問題を中心に、学校へ行きたくない人の悩みや体験について専門家とともに考えていく番組「明日、学校へ行きたくない」新型コロナ、いじめ、不登校~全国から寄せられた悩みを専門家と一緒に考えるが、2021年8月30日にニコニコ生放送で配信されます。

 いじめや不登校……ニュースで報じられているのを見たことはあっても、実際に体験していない方にとっては、いまいち想像しづらいものがあるかと思います。

 そこでニコニコニュースオリジナル編集部では、日本で唯一の不登校専門紙である「不登校新聞」に掲載されている「いじめ」「引きこもり」「不登校」の当事者、経験者の声を紹介。生放送当日の8月30日まで毎日1本の記事をお届けします。

 「明日、学校へ行きたくない」と悩む方々は何を体験し、何を思っているのか。いじめ問題について一緒に考えてみませんか?

※この記事は「不登校新聞」許諾のもと転載しています。

 今回執筆いただいた富良野しおんさんは、思いがけず自分をいじめていた同級生と再会したという。そのときの心の内を書いていただいた。

* * *

 去年の冬、私は私をいじめていた同級生と15年ぶりに再会しました。あれは仕事帰り、最寄り駅に着いたときのこと。

 改札へと向かっていると、ふと反対側のエスカレーターに乗っていた、1人の女の人と目が合いました。

 「どこかで見たことある人だな」と思い、よく見てみると、その人は小学生のころ私をいじめていた同級生でした。

 「あの子だ」と認識した瞬間、使い慣れたはずの駅が急に冷たく感じて、私の心に彼女とのイヤな思い出が一気によみがえりました。

自分を否定され
 私は小学6年生の夏休みの終わりに不登校になりました。学校へ行けなくなったきっかけは当時、同じクラスだった彼女からのいじめでした。

 彼女からは「あの子と話しちゃダメ」と行動を制限されたり、ほかの子と話すたび「私の悪口言ってたんでしょ?」と責められたりしました。私を否定する言葉ばかりが書かれた手紙を机に置かれたこともありました。

 はじめのうちは「あまり気にしないでおこう」と思っていたのですが、彼女の言動は日に日にエスカレートしていきました。

 しだいに彼女の存在に耐えられなくなり、気づいたときには、私は学校へ行けなくなっていました。

 学校へ行けなくなった原因である、彼女のことを恨んでもおかしくなかったと思うのですが、なぜか私は不登校中、彼女のことを思い出すことがほとんどありませんでした。

 別に彼女のことを許したわけでも、彼女からされたことを無理に忘れようとしたわけでもありません。きっと、当時の私は自分が生きていくことに必死だったのです。

 不登校になった原因よりも、これからの生活への不安のほうが大きくて「もう二度と会うつもりのない、彼女のことを考えている時間がもったいない」と心のどこかで思っていたのだと思います。

 彼女のことを思い出さない日々が続き、年齢を重ねるごとに彼女の存在は私のなかでどんどん小さくなっていきました。

 いや、小さくなっていっているのだと、15年ぶりに彼女に会うまで、私は思っていました。

消せない存在
 しかし、実際はたまたま駅ですれちがっただけで、彼女との思い出がよみがえるくらい、私は彼女を覚えていました。

 「今も、彼女は私のなかで消えていないんだ」と自覚した瞬間、やるせなさが込み上げました。

 すれちがうまでずっと目が合っていたので、もしかしたら彼女も私に気づいていたのかもしれません。

 「彼女は私に対して何を思っただろう。あれから彼女はどうやって生きてきたのだろう。私を傷つけたことを自覚しているのだろうか」と彼女とすれちがったあとも、いろんな感情が心に渦巻いて、なんとも言えない気持ちになりました。

 15年という時間がたっても、彼女に対して何かを思う自分にとまどいながら、私は駅をあとにしました。

 思わぬ再会を果たした日から「また会うかも」と数日、彼女の存在を意識していたのですが、そのなかで私にはすこし変化がありました。

 彼女を忘れていない自分に情けなさを感じていた私ですが、日が経つにつれて「そりゃ、忘れられないよね」と思うようになったのです。

 彼女の言動で私が傷ついたことや、そのせいで学校へ行けなくなったことは変わらない事実です。

 「彼女にされたことに私はずっと苦しんで、がんばってきた。だから、忘れられなくてあたりまえなんじゃないか。忘れることなんてできないし、忘れる必要もない」と、自分に対して思えるようになったのです。

 私と同じように、同級生の存在を忘れられず苦しんでいる人はたくさんいると思います。

 私自身もまだ、いじめてきた同級生の存在を忘れていませんし、片づけられない思いもたくさんあります。

 だからこそ、同じ思いを抱えた人に「忘れられないのは、あなただけじゃないよ」と、この記事を通して伝えたいなと思います。(富良野しおんさん・27歳)

【不登校新聞の元記事はこちら】

「明日、学校へ行きたくない」新型コロナ、いじめ、不登校~全国から寄せられた悩みを専門家と一緒に考える



「新型コロナ」「いじめ」「学校行きたくない」など
悩みを教えてください

2020年の小中高生の自殺者数は、過去最多の499人に達しました。(前年比+100人、文部科学省調べ)2020年は新型コロナによる休校があり、休校あけの6月に不登校と自殺が増え、8月の自殺者数は、前年より倍増しています。

なぜ、学校に行きたくないのか・・・理由の1番は、やはり「いじめ」だと、『不登校新聞』の石井志昂編集長はいいます。

そこで、番組では、『こども六法』の著者、山崎聡一郎さん、『弁護士秘伝!教師もできるいじめ予防授業』の筆者、真下麻里子弁護士、そして、不登校やいじめ問題を取材し続けている『不登校新聞』の石井編集長をお招きして、「いじめ」問題を中心に、学校へ行きたくない人の悩みや体験について一緒に考えていきます。

投稿はこちらから↓ 年齢、性別をご記入の上投稿してください。アカウントなしでも投稿できます。

【お便り投稿フォーム】

<投稿について>
いただいた投稿は、個人情報は公表せず、以下で活用させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。
・ニコニコ生放送内でのコメント・投稿紹介
・ニコニコニュースでの記事
・KADOKAWAの児童書ポータルサイト「ヨメルバ」
※投稿内容に個人を特定できる情報を含まないようご注意ください。
※投稿いただいた内容を朗読・掲載する際、内容が変わらない程度に文章をまとめさせていただくことがあります。
※投稿いただいた内容の権利につきましては、niconico利用規約が適用されますのでご了承ください。
https://account.nicovideo.jp/rules/account
※おひとりにつき何度でも投稿していただくことができます。
※時間内にいただいた投稿でも、番組の進行状況により紹介できな場合があります。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る