旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

“オタクの結婚相談所”に二次元オタクが直撃取材してみた──会話の練習やデートプランの提案、デートで着る服までいっしょに選んでくれる“オタクの婚活サービス”がすごかった

2021年01月02日11時00分 / 提供:ニコニコニュース

 筆者はドワンゴに所属しているオタクである。

 異性は三次元より二次元が好きだ。アニメは月200時間くらい見ているし、ソシャゲも端末3台体制で回している。クリスマスにフィギュアとお台場や原宿デートをした経験もある。

 最近通うようになったジムでも、エアロバイクを漕ぎながらゲームにアニメに余念がないくらいにはオタクだ。
エアロバイクを漕ぎながらアニメとゲームに勤しむ筆者(左)、フィギュアとお台場デートをする筆者(右)。
「ドワンゴがオタク向けの結婚相談所を始めたらしい」

 ある日、筆者の耳にそんな情報が飛びこんできた。ドワンゴと言えば、腐ってもオタク文化とともにある会社。社員もオタクばかりだし、一般企業よりはオタクの気持ちがわかっているはずだ。

 齢34を迎え、三次元の女性との出会いを諦めて早10年以上、そんな筆者でも結婚することができるのか……?

 いや、待つんだ。心を許してはいけない。世の中にはオタクを食い物にするサービスはごまんとあるし、オタクを利用しようとする人だってたくさんいる。

 「優しいよね」「落ち着く~」「喋りやすい雰囲気だよね」など、甘い言葉を信じてはいけない。いい話には必ず裏があるはずなのだ。ちょっと肩が当たったのをきっかけに好きになりフラれた過去を忘れるな。

 オタクでも結婚できる婚活サービス。信じたい気持ちはあるが、これまでの人生が信じることを許してくれない。

 そこで今回は、その実態を調査すべく、ドワンゴが運営する結婚相談所“Ncon(エヌコン)”の担当者に直撃してみた。自社サービスだからって関係ない。オタク目線で厳しい判定を下していこうと思う。
取材に応じていただいたサービス責任者の木村さん。見た目は渋谷にそうな「悪い奴はだいたい友だち」な感じだが、話してみると頼れる兄貴分だった。
取材・文/竹中プレジデント
オタクでも結婚できるの?
──今日はよろしくお願いします。僕は社会人である前にひとりのオタクなので、自社サービスだからって関係なく厳しい目線でお話を聞いていこうと思います。まず、そもそもオタクでも結婚できるものなんですか? 絶対盛ってますよね?

エヌコン担当者:
 いえ、できます。実際に結婚された方もいらっしゃいます。

──本当ですか? 例えば僕は休日にはアニメを見て過ごしたいし、ソシャゲで美少女が登場したら課金したい。それで結婚……というか三次元の女性と交際できるビジョンが見えないんですが。

エヌコン担当者:
 アニメを見る時間も、要はそういう生活を許容してくれる方とお付き合いすればいいので大丈夫だと思います。

──クリスマスにフィギュアを持ってお台場デートしたり、ジムで端末を並べてアニメを見ているこんな自分でも大丈夫なんですか?

エヌコン担当者:
 でき……できますよ! 逆に考えると話のネタになるのでいいことです。

 うちの会員の方でも多いのですが、自分の仕事でしたり生活だったりをネガティブに捉えがちなんです。そこは自信を持って自分の趣味だと押し出していく。そういうのが大事だと思います。

──いやいや、信じられません。実際に婚活がうまくいっている例を教えてくださいよ。

エヌコン担当者:
 例えば、リアルな人形が好きで人形を「娘」と呼んでかわいがっている方も、今ではお相手が見つかって真剣交際に進んでいます。

──真剣交際ってなんですか? 真剣じゃない交際があるんですか?

エヌコン担当者:
 これは結婚相談所ならではのシステムなんですが、いろいろな方とデートをして相性を見る“仮交際”、そこからお付き合いする方をお互いにひとりに絞り、結婚に向かって交際をしていく“真剣交際”と、段階が分かれているんです。

──つまり本当にオタクでも三次元の異性と出会えて、結婚間近まで仲が進展している方もいると。

エヌコン担当者:
 はい。ただ、なにもかもそのまま変わらずでは難しいのは事実です。結婚というのは相手あってこそなので、自分の大事にしたい部分、変えていける部分というのをしっかり切り分けて考えていくことが必要にはなります。

──ふぅ~ん……ちょっと興味が出てきました。もう少しオタクの婚活についてお話を聞かせてください。
オタクが相手に求める条件は「自分の趣味を許容してくれる」
──オタク向けの結婚相談所を打ち出していますが、いまの時代、オタクという言葉が多様化しているじゃないですか。具体的にどのような客層を想定しているんですか?

エヌコン担当者:
 表面的ではありますが、ゲームや漫画、アニメなどのサブカルチャー文化を趣味にお持ちの方で、その趣味を大事にしたいと考えている方ですね。
“Ncon(エヌコン)”の会員データ。ゲームや漫画が趣味な方が多いとのこと。
──まあオタクとしてそれは当然ですよね。趣味が続けられなそうだから結婚はいいや、と諦めているところもあります。

エヌコン担当者:
 そうですね。“Ncon(エヌコン)”の会員の方のほとんどが、アニメやゲーム、漫画などを趣味にお持ちの方々なんですが、お相手に求める条件として多いのが「自分の趣味を許容してくれる人」なんです。

 休日はゲームをしたい、コミケの時期にはコミケに行きたい、そんな時間を確保させてくれる。そんな方を希望される方が多いです。

──同じ趣味同士やオタク同士ではなく、あくまで許容してくれる相手と。オタクじゃない層との違いってなにかあるんですか?

エヌコン担当者:
 統計データとして、一般的な婚活において重要視される項目は、男性側からですと「大学を出ている」「きれい、若い」「ある程度稼いでいる」、女性側からですと「いくら以上の稼ぎがある」が多いですね。
日本結婚相談所連盟のデータを元にした既存会員の学歴や年収。
──まあなんとなくイメージ通りですね。だからこそ、婚活っていうのに苦手意識を持っています。どうせ収入しか見られてないんだろって……(笑)。

エヌコン担当者:
 お気持ちはわかります(笑)。実際にうちの会員の方でも、年収の問題で他の結婚相談所をたらい回しにされた経験がある方もいらっしゃいます。

──たらい回しと言うのは?

エヌコン担当者:
 その方は、婚活市場においては、年収が低くく、実家暮らしということもあり、お断りされてばかりだったそうなんです。

 加えて、人と話そうとすると緊張してしまって手が震えてしまう。僕らと最初にお話ししたときも、コミュニケーションをとることも難しく、会話が成り立たない状態でした。

──年収も低くて、会話もできない、加えてオタク趣味を持っている。わりと自分に近い条件なので、実感できるんですが、この状態だと三次元の異性とお付き合いするのって難しくないですか?

エヌコン担当者:
 とくにサポートなしだとなかなか難しいでしょうね。ただ、“Ncon(エヌコン)”の特徴として、多くても交際人数がおふたりでしたり、最後にお付き合いした経験が7、8年前でしたり、恋愛経験や交際人数の少ない方が多い傾向であるんです。

 そういう婚活じたいが得意ではない方、そんな方々をしっかりサポートしていく体制を築いてるのが“Ncon(エヌコン)”の強みだと思っています。
“Ncon(エヌコン)”の会員データ。交際歴や交際人数が少ないのが特徴だそうだ。男女ふたりのカウンセラーによるサポート体制
──しっかりしたサポート体制って具体的にどういうことをしてくれるんですか?

エヌコン担当者:
 会員の方ひとりに対して、男女ふたりのカウンセラーがついてサポートする体制させていただいてます。

──それは結婚相談所全体から見ても珍しいことなんです?

エヌコン担当者:
 うち以外ではほとんどがひとりだと思います。単純にかかる人件費が倍になってしまいますから……。

──人件費がかかるデメリットを抱えてまで男女ふたり体制を築いている理由についてお聞きしても?

エヌコン担当者:
 先ほどもお話しましたが、うちに登録いただける会員の方の特性として、異性との会話が苦手な方が多いんです。例えば、男性会員の方ですと、女性を目の前にした際にどうしても緊張して……うまく話せない方もいらっしゃるんですね。

 ですので、そういう際には同性である僕がお話させていただいて、会話の中で話題を女性カウンセラーに振っていくことで、女性への苦手意識を克服していってもらうこともあります。

──確かに……。自分自身も三次元の異性とお話するのは苦手意識があります。

エヌコン担当者:
 取材中も女性カウンセラーではなく、ずっと僕のほうばかり見て、僕だけに話しかけているのでそうなのかなと(笑)。でも、そこは慣れていくことで克服できるので安心してください。

──そうなんですよね(笑)。じつは本日、担当者の方、男女おふたりに同席いただいているんですが、これまでずっと男性の方にしか話しかけられなくて(笑)。

エヌコン担当者:
 いや、でもそういう方は多いです。そのための僕らのサポートであるので。少しお話してみるだけでも意識が変わるかもしれません。

──え~本当ですか。ちなみに三次元の異性とうまくしゃべるコツってあるんですか?

エヌコン担当者:
 女性は自分のことを話したい傾向にあるので、質問を投げかけて聞き手を担うというのが最初のステップです。

 そして、その際に気をつけたいのが、できるだけ話題をころころ変えないこと。関連することで話題をつなげないと、すぐ会話が終了してしまいます。

──なるほど……。

その後、20分程度、女性カウンセラーの方と「いい天気ですね」「最近どうですか?」などの雑談から、直近で見たアニメの話をさせてもらった。女性カウンセラーの方は、リアルタイムでアニメを追うわけではなく、おすすめされた作品を中心に見るらしい。最近見ているのは『プリンセスコネクト!Re:Dive』と『機動戦士ガンダムSEED』とのこと。コッコロママのかわいさと、『 機動戦士ガンダムSEED DESTINY』まで見てくださいね、と語って盛り上がった(気がする)。

──ふう……。確かに異性に慣れていない人にとってはありがたいサービスかもしれません。ただ、さっき、これまでの人生で経験したことがないくらい女性に優しく接してもらったんですよ。

 正直、こんなに優しくしてもらったら女性カウンセラーのこと好きになっちゃうんじゃないかって思いました。いや、自分は仕事で来ているのでそういう気持ちはないんですが、まあそういうこともあるかなって。

エヌコン担当者:
 そういう雰囲気を感じることはありますが、それは日本結婚相談所連盟として規約的に禁止されています。もしそれを破ってしまうと連盟からも除名されてしまうので、絶対にNGなんです。

──ですよね……いや、でもいまお話しただけでも三次元の異性への苦手意識は少し薄れた気がするので、こういうサポートはありがたいと思いました。それ以外ですと、どのようなサポートがあるんでしょう。

エヌコン担当者:
 ほかにはデートで着る服のコーディネートやデートプランの提案などもさせていただいています。

 例えば、本日着ている服がチャック柄のシャツじゃないですか。じつはチェック柄はあまり好まれないんです。あとは、サイズがだぼだぼなので身体にあったサイズを選ぶようにするといいかもしれません。
取材当日に着ていた服。
──自分の持っている服の8割くらいチェック柄なんですが……。そうアドバイスいただいても、自分はしまむらかユニクロくらいでしか服を買ったことがないので、実際にどういう服を買えばいいかわからないのが正直なところです。

エヌコン担当者:
 大丈夫です。服選びに同行するサポートもさせていただいているので。そういうサポートの際に、男女ふたりのカウンセラーがついていることで、あらゆる面で充実したサポート体制を築ける。だからこそこの体制がうちの特色であり強みでもあります。

──へぇ。そんなサポートもしてくれるんですね。電話とかメールでやりとりするんですか?

エヌコン担当者:
 一般的には、直接お会いして話す以外ですとメールが基本ですが、うちはLINEで会員の方とやりとりしています。

 メールのほうが圧倒的に工数がかからないんですが、LINEのほうが近い距離で会話ができますし、コミュニケーションの練習にもなります。ちょっとした会話の中から出てくる情報というのはものすごく大事ですので。

──聞いてる限りいいサービスですね。かかる時間とか手間とか多そうですが。

エヌコン担当者:
 ありがとうございます。おっしゃる通り、サポート体制を築くためのリソース確保として、金額は他の結婚相談所と比べて高く設定させていただいています。金額は高いけれど、サポートは充実しているのがうちの特徴でしょうか。

──そうですね。正直、初期費用22万って金額を見て、「高すぎない?」って怪しんでました。

エヌコン担当者:
 はっはっは(笑)。サービス内容を説明させていただければご理解いただけるんですが、サイトをご覧いただくだけだと、めちゃくちゃ高い料金が設定されていて、「怪しい…」と感じられる方がやはり多くて。そこは今後の課題だなと思っています。

 逆に言いますと、異性とお話することに苦手意識がない方が、うちのサービスを使用するのはメリットが薄いと思います。恐らく、価格以上のサービスをご提供できないです。

──ちなみにどのくらいの割合の人が結婚にいたっているのでしょうか。

エヌコン担当者:
 いまのところ成婚率は66%です。成婚率というのは成婚退会者(婚約して退会した人数)を退会全体数で割った数字です。

──おお……意外と高いんですね。『ポケモン』でぜったいれいどが外れるくらいにはお相手と結ばれてると……。
出会い系サイトとなにが違うの?
──男女の出会いを扱っているサービスですと、「サクラがいるのでは?」「ぼったくられるのでは?」「危険な人がいたら怖い」など、どうしても不安に思ってしまいますね。そのあたりの安全性ってどうなっているんですか?

エヌコン担当者:
 おっしゃる通り、「出会い系とどう違うのか」「安全性は担保されているのか」は不安に思う方は多いです。

 例えば、マッチングアプリは、身分証だけで登録できます。そして婚活サイトは、身分証に加えて、その身分証と写真や住所が同一かの確認が入ります。宅配業者の方が代行で登録先の住所に訪れるんです。さらに厳重なとことですと、独身証明書や戸籍謄本が必要な場合もあります。

 最後に、僕らがやっている結婚相談所になると、初期費用や月額費用がプラスαで何万円と必要になりますし、男性の場合は所得証明書が必要になります。

“Ncon(エヌコン)”入会時に必要な書類
・住民票
・独身証明
・写真付身分証明書
・最終学歴証明書
・収入証明書
・勤務先が確認できるもの
・医師、弁護士、その他の国家資格それに準ずる資格をお持ちの方はその証明書

──いろいろと面倒な手続きを設け、参加するための費用がかかるということで、安全性を確保していると。

エヌコン担当者:
 はい。加えて、僕ら結婚相談所の場合は、最初に面談をさせていただくんですが、年収や登録情報に問題がない方でも「明らかに失礼な態度を取ってしまう方」はお断りするようにしています。申し訳ないですが、お力添えが難しいと。

──条件的に問題なくてもお断りしてしまうこともあるんですね。身もふたもない言いかたになりますけど、その方がお見合いうまくいこうがいくまいが、会員として登録してもらっていたほうがいい気がするのですが。

エヌコン担当者:
 これに関しては、綺麗ごとでもなんでもなく、僕らの信用問題につながるからなんですよね。

 結婚相談所って、昔でいうところの世話好きのおばちゃんの役割がサービス化したものなんです。ですので、会員さまがお相手にものすごく失礼なことをくり返す、となると紹介した僕らの信用問題にもつながるわけなんです。

──ああ、なるほど。その問題を起こす方の行動がすべて結婚相談所全体の評価につながってしまうリスクがあると。

エヌコン担当者:
 もし「あの結婚相談所の会員さんは問題のある方が多い。お見合いを組むのは控えよう」と言われてしまったら、それでおしまいなんです。

どのくらいの人が婚活しているの?
──実際にどれくらいの方が婚活サービスを利用しているんですか?

エヌコン担当者:
 ブライダル総研の“婚活実態調査2020”によると、婚活サービスを通じて結婚した割合は、13.0%(2年連続過去最高を更新)で、約7.7人にひとりは婚活サービスを通じて結婚しているというデータが出ています。

 また、独身者の約4人にひとりが婚活サービス利用経験があるとの調査結果も出ており、婚活サービスが結婚相手探しの手段として浸透しているのはあるかと思います。

──そんなに多くの方が!? オタクの婚活というのも増えているんです?

エヌコン担当者:
 矢野総研の調べによると、2017年におけるオタク市場の規模はというとおよそ5700億円でした(前年比10%以上の増加で成長)。そして2018年には7500億円になっています。オタク人口に付随して、さまざまな市場が伸びていますし、オタク婚活市場も伸びています。

──なるほど。“Ncon(エヌコン)”の会員数はどのくらいなんでしょうか?

エヌコン担当者:
 “Ncon(エヌコン)”がサービス開始してから約1年なのですが、70人くらいでしょうか。個人の相談所ですと、3年で20人程度ですし、業界として見ても悪くないスタートだと思います。

──ひとつ気になったのが、いくらオタク文化の趣味を持つ方が集まっているからといって、70人の中から自分に合った相手を探せるものなのか疑問です。

エヌコン担当者:
 それに関しては、よく勘違いされている方がいるのですが、結婚相談所というのは、その相談所に登録している会員同士だけがお見合いをするわけではないんですよ。

──えっ、そうなんですか?

エヌコン担当者:
 はい。“Ncon(エヌコン)”は、株式会社IBJが運営している日本結婚相談所連盟に入っていて、そこには約2600社の結婚相談所が加盟しており、約68000人の方が登録されています。その中から自分に合ったお相手を探していくわけです。

 イメージしやすいのは、不動産の仲介サービスでしょうか。どのお店で物件を探したとしても、見られる物件データというのは同じという。
(画像は「日本結婚相談所連盟」より)
──なるほど。そういうシステムなんですね。ということは、どの結婚相談所を選んでもお見合い相手候補は共通ってことじゃないですか。オタクの婚活を打ち出しているところでもそうじゃないところでも変わらない気がするのですが、そのあたりはどうなのでしょう?

エヌコン担当者:
 そこは“サービスの質”で勝負させてもらってます。

──質……ですか。

エヌコン担当者:
 はい。まずカウンセラー(スタッフ)自身が、アニメや漫画、ゲームが好きなので、会員の方が大事にしたいと思っているオタク趣味のことや悩みなどに対して、近い視点でサポートできます。

──あ~、オタクだからこそのオタクの気持ちに寄り添える的な。

エヌコン担当者:
 そうですね。婚活を行っていくうえで、お客さまとカウンセラーって長時間いっしょにやりとりしていくんですよ。それこそ毎日のように日常会話をしていくうえで、「このアニメおもしろいよね」や「最近このゲームがおすすめです」など共通の話題で話せる相手というのはお客さまの話しやすさ的に非常に大事な部分だと思っています。

 もともとアニメや漫画好きのメンバーではありますが、このサービスを始めてからより意識的にアニメや漫画の話題についていけるように時間を割くようにはしています。

──自分の趣味の話できるのはありがたいかもしれないです。ちなみに最近はどんなアニメを見てるんですか?

エヌコン担当者:
 2020秋クールの作品ですと、『神達に拾われた男』や『憂国のモリアーティ』が好きですね。あと、僕自身ずっとバレーボールをやっていることもあり、『ハイキュー!!』もずっと見ています。
(画像は「アニメ『ハイキュー!!』公式サイト」より)婚活を始めるきっかけってなにが多いの?
──少しずつ婚活に興味を持ってきたのですが、婚活っていつから始めたほうがいいとかあるんですか?

エヌコン担当者:
 特段いつから……というのはないですが、結婚相談所ですと、1月の年末年始明け、8月のお盆明けが、活発な時期になります。

──それはなにか理由が?

エヌコン担当者:
 帰省で実家に帰ったタイミングで、ご兄弟の方が子どもを連れてきていて、親から「そろそろあなたも……」と言われて、婚活を始める方が多いです。

──へ~~~、それで帰省から戻ってから婚活を始めると。ということは、「めんどくさいけど家族に言われたから仕方なく」で始める方が多い傾向なんでしょうか。

エヌコン担当者:
 いえ、というよりも「やらなきゃな」と覚悟を持って始める方が多いですね。そうでなければ、安くない金額を払いません。

 あとは、自身へのモチベーション維持のためでもあると思います。「せっかくお金を払ったからにはがんばらないとダメだろ」と。

──なるほど。お金払ったんだから利用しないともったいないと。とは言え、いまの時代、結婚相談所や婚活サイトを利用しての婚活のメリットって具体的にどんな点が挙げられるんでしょう? SNSが活発化している現代、あえて結婚相談所を利用せずとも出会いを探す手段はありそうですが。

エヌコン担当者:
 おっしゃる通り、いまの時代、意識すれば出会いはどこにでもあると思います。ただ、身分が保証されていること、年収や生活スタイルなど、いわゆる条件を絞りこめた状態から交際相手を探せるのが婚活なんです。効率を考えて登録される方も多いです。

──効率を考えて。確かに結婚したい方が集まっているわけですから、そこで探したほうが効率はいいですよね。

エヌコン担当者:
 うちの会員の方に、もともとマッチングアプリを利用されていた方がいらっしゃるのですが、マッチングアプリですと遊び慣れている方が多かったらしくて、遊び止まりの交際で止まってしまったらしいです。

 その方は、真剣に結婚を考えていて、将来を見据えて交際相手を見つけたいとのことで、ご入会いただきました。
婚活で結婚した人たちのその後って?
──婚活で出会って結婚された方々のその後ってどうなのでしょう? 好きで恋愛して付き合ってという流れがないので、その後も幸せになれるのか少し不安です。

エヌコン担当者:
 じつは統計データとしては、お見合いから結婚された方々は離婚率が低いと出ているんです。

 婚活でお見合いとなると、お金の使いかたや将来どうしたいかなどの話をしたうえで、お互いにうまく付き合っていけそうだから結ばれるわけですが、恋愛結婚ですとお互いが好きだから結婚するので、それらの細かい話は結婚後に気づくかたちで表れるんですね。

──なるほど。

エヌコン担当者:
 結婚はしっかり条件を確認してお互いの相性を確かめ合ってしたほうがいいです。勢いじゃない。好きなだけじゃ続かないことだってあります(笑)。

──え~~~!? 付き合うとか結婚とかギャルゲの中ぐらいでしか体験したことないのでいまいち実感はないのですが、やっぱり恋人と夫婦ではいろいろと違ってくるんでしょうか。

エヌコン担当者:
 全然違いますね。カウンセラーの中に出会って3回目でプロポーズして結婚した方がいるのですが、お互いすり合わせしていくのは大変だったようです。

 いまではお互い諦めるところと尊重し合うところのすり合わせができたと聞いていますが、何回か離婚しかけたようです(笑)。

──(笑)。例えばどんなことで言い争いになるんでしょう。

エヌコン担当者:
 交際していたときはお互い働いていて、彼自身は結婚後も同じように共働きなのかなと思っていたようなんですが、奥さん側としては「働きたくない」と。非常に驚いたと聞いています。

──出会って3回目で結婚だと将来について話す暇もないでしょうしね……。

エヌコン担当者:
 完全に一目惚れとのことです。恋は盲目です。もちろん恋愛結婚がダメというわけではなく、恋愛と結婚は別と理解して、結婚に向けてお互いが話しあうことが大事だと思っています。

 婚活の場合は、その条件のすり合わせができた人から交際を始めて相性を確かめていく、恋愛とは逆なので、結婚後のそういう認識のズレは起きにくいというがあります。
実際にどんな流れで婚活していくの?
──いろいろお話を聞いてきて、婚活へのイメージが変わってきた部分はあるのですが、だからこそ実際にどんな流れで相手と出会って交際していくのかが気になってきました。

エヌコン担当者:
 全体の流れとしては、無料相談→ご入会→カウンセリング→お見合い→仮交際→真剣交際→成婚(プロポーズ)になっています。

 まず無料相談では、現在の状況や課題感を聞かせていただいて、僕ら側としてはどうサポートしていけるか、というのをお話させてもらいます。

──そこでいいなって思ったら入会と。何割くらいの方が無料相談から入会されるんです?

エヌコン担当者:
 僕らの場合は、だいたい7割くらいでしょうか。やはり金額の面で不安視される方もいて、こういう理由でこういう金額ですと説明させていただけると、多くの方が納得して入会していただけていますね。

──どんなことを聞かれるんですか?

エヌコン担当者:
 婚活でどんな方と出会えるのか、あと最近ですと、コロナの状況で婚活はできるんですか、などが多いですね。

──ああ、確かに。

エヌコン担当者:
 これまでは、お見合いというのは原則として対面形式だったんですが、オンラインでのお見合いも可能になったんです。これにより、全国どこの方ともお見合いできるようになったので、この点においてはメリットになっていると思います。

 加えて、交際に関しても、ビデオ通話でお話しながらいっしょにアニメを見るようなオンラインデートをして結婚された方もいるので、コロナがマイナス方面に働いているかというと、そうでもなんですね。
12月24日、21時~夜中にかけてアニメを見続けいたのだが、“Ncon(エヌコン)”で婚活をしたらクリスマスアニメデートができるかもしれない。そう思うと、三次元も捨てたもんじゃないなと。
──へえ、オンラインデートで結婚まで! アニメを見るデートっていうのも楽しそう……。と、話を戻しまして、交際前の準備としては、先ほどもお話いただいたように、会話の練習でしたり、ファッションのコーディネートなどのサポートをしていくと。

エヌコン担当者:
 ええ。ファッションコーディネートとお見合い(会話)の練習は何回でもできます。

──それで会話の練習を経て、いよいよお見合いして相手と交際していくわけですよね。

エヌコン担当者:
 はい。まずはお見合いをして、実際にふたりでお話をします。そこでお互いが今後の交際を希望すれば仮交際へ。仮交際の中でお互いにお付き合いする方をお互いにひとりに絞りたいと希望されると、真剣交際と進んでいく流れです。

 そして、お互いに「結婚を前提にお付き合い」したい関係性となれば、プロポーズをしていただき、成婚となります。基本的にサポートはここまでなんですが、人によっては両家の挨拶までサポートしてほしいと希望される方もいるので、そこまで協力させていただくことも多いですね。

──交際期間とかデートの回数っていうのはどのくらいなんですか?

エヌコン担当者:
 僕らの場合、だいたい10回くらいのデートを経て、成婚、つまりプロポーズまで進めるの目安にしています。期間としてはだいたい3ヵ月でしょうか。

 最初のデートではここを、2回目のデートのときはここを確認と、他の結婚相談所と比べると、しっかりと交際管理をしています。

──アニメの1クールくらいで出会ってから結婚までいくって意外と展開が早いんですね。デートでの確認というのは、具体的にどのようなことを確認していくんでしょう。

エヌコン担当者:
 結婚におけるスピード感をあわせることも婚活においては大事なポイントなので、期間制限を設けてます。3ヵ月というのは僕らが所属している連盟全体で推奨している期間でもあるんです。

 確認事項については、1回目のデートでは、そもそもの相性を確かめ合います。そして2回目のデートでは、将来なにがしたいのか、どこに住みたいのか、両親との同居は考えているか、ペットは飼いたいのか、など、そういう各々が大事にしたいことを確認していきます。

──そんな早く将来の話までしちゃうんですか?

エヌコン担当者:
 例えば、仲が進展してきた5、6回目のデートで、「将来、両親と暮らしたい」「それは嫌」みたいな、すれ違いが起きてしまわないように、大事な部分こそ最初に確認します。そして、条件として合う相手だったら、そこから徐々に相手を知っていく順番ですね。

──恋愛とは真逆ですね……。でもだからこそ、お互いの大事なところを知ったうえで結婚ができると。お話を聞く前は、なんだか怪しいなと思っていたんですが、いろいろとお聞きしたいまはいいサービスだなと思うようになりました。

 「結婚は墓場」と言う人の話を聞いて結婚じたいに希望が持てなかったり、そもそもオタクだと三次元の異性と交際は無理だと諦めきっていましたが、意外とそうでもないかもというのも新しい発見でした。

エヌコン担当者:
 よく家族や夫婦を会社に例えられるんですが、要はパートナーであり共同経営者なんですよね。ですので、自分の人生の中でこの人といっしょならうまく生きていけるというのがすごくフォーカスされていると思うんです。

 この人とだったら自分の人生が楽しくなる、成長できる、そういうところをじっくり考えられるのが婚活のいいところだと思います。

(了)

 昔すぎて記憶が曖昧だが、10代のころは三次元の女性との会話に苦手意識は持っていなかったように思う。しかし、都合よくおごらされたり、パシられたりするうちに、自分の心は荒んでいった(もちろん、自分自身にも原因があった)。

 そして出会った二次元の女性たち。彼女たちは裏切らないし、いい子ばかりだ。あっという間に二次元の世界に入りびたり、オタクライフを満喫するようになった。

 それゆえ、恋愛、結婚など自分の人生には無縁だと、三次元の女性との交際を諦めきっていたわけだ。

 しかし、「趣味を許容してくれる相手探し」「会話やファッション面でのサポート」「やりとりするスタッフがオタク」と、オタクの婚活サービスについて話を聞いていくうちに、三次元を捨てきるにはまだ早いかもしれない、と。そう考えさせられるひと時であった。

 自分自身、仕事にゲームにアニメに、いまこの生活を崩したくない想いが強いため、いますぐ婚活……という気持ちにはならなかったが、三次元もありかも? と思わせてくれるくらいには、いいサービスに見えた。

 もし結婚に興味があるけど……という方は、無料相談だけでも試してみてはどうだろう。自分の悩みを相談したり、オタクの婚活事情の話を聞くだけでも、価値はあると思う。

オタク婚活なら『Ncon』|ドワンゴが運営する結婚相談所

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る