旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

天皇陛下主催の『COUNT DOWN TV』で何度もランクインした歌、それが『君が代』。 明治天皇の玄孫 竹田恒泰さんが解説する『君が代』が国歌である理由。 

2017年04月21日11時00分 / 提供:ニコニコニュース

 旧皇族・竹田家に生まれ明治天皇の玄孫 竹田恒泰さん。皇室、政治、外交、環境問題に加え、日本文明、カルチャー、サブカルまで語る「竹田恒泰チャンネル」。今回は『【無料】竹田恒泰の『君が代』講座(1/4)|竹田恒泰チャンネル特番』と題して日本の国歌『君が代』について解説しました。

 『君が代』の歌詞が成立したのは千年前。その時すでに古典でした。それからさらに百年経って、まだ人々が馴染みのある歌だったことから「誰でも知っているヒットソングだった」と語る竹田さん。「みんなが知っている歌詞だから、国歌になるのは必然だった」と解説しました。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る