旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

春アニメは何作品見る予定?『フルーツバスケット』『さらざんまい』etc… 期待作が勢揃いの新作アニメ53作品を『つづきみ』パーソナリティ吉田アナ、結さんのコメントともに紹介

2019年03月29日10時30分 / 提供:ニコニコニュース

 新作アニメのプロモーション映像をみんなで見て感想を語りあうことで、各アニメに興味を持ってもらい“ゼロ話切り”を減らすのがテーマの『つづきみ』【※】。

※『僕たちは新作アニメのプロモーション映像を3時間かけて一気観したらどのくらいつづきをみたくなるのだろうか?』の略。

 その第11回目となる放送が2019年3月22日にニコニコ生放送にて上映された。

 今回の放送では、2019年春に放送・劇場上映されるアニメの中から53作品のPVが勢揃い。ニッポン放送アナウンサーの吉田尚記さん、女優・タレントの結さんをパーソナリティに迎え、約3時間かけて“一気観”が行われた。
▲左からニッポン放送アナウンサーの吉田尚記さん(@yoshidahisanori)、女優・タレントの結さん(@xxxjyururixxx)。
 本記事では、新作アニメのPVに対するパーソナリティおふたり(+スペシャルゲスト)のコメントを要約してお届け。

 PVを見て気になったことや注目してほしいポイントなどが語られているので、ぜひチェックして“ゼロ話切り”アニメ作品を減らしてほしい。

▼『つづきみ』タイムシフト視聴はコチラ▼
『つづきみ』吉田尚記アナと春の新作アニメPVを一気観するイベント生中継

※新作アニメの掲載順は、『つづきみ』第11回放送のPV紹介順に準拠。

『甲鉄城のカバネリ ~海門決戦~』(画像は『甲鉄城のカバネリ ~海門決戦~』公式サイトより)
■吉田さんコメント要約
 無名ちゃん、確か13歳のはずなのにエロすぎてやばいです。新キャラも色っぽいと思ってチェックしたら、CVが三木眞一郎さんでした。劇場で見ると音がメチャクチャいいのでぜひこれは劇場に行っていただきたい。
『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』(画像は『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』公式サイトより)
■結さんコメント要約
 テレビシリーズから好きで、ドロドロな恋模様に進むかと思いきや意外と進まないところもまたいいです。

 咲太が、(エピソードごとに)ピックアップされる各ヒロインのために毎回全力で対応し、解決に導く様は毎回クライマックスと言っても過言ではないですね。
『LAIDBACKERS-レイドバッカーズ-』(画像は『LAIDBACKERS-レイドバッカーズ-』公式サイトより)

※ここではスペシャルゲストとして登壇した橋本監督のコメントを抜粋。

■橋本監督コメント要約
 登場キャラ全員を“ダラッ”とさせるという点はこだわったポイントです。どれだけダラけさせられるかはとても意識しました。

 まだこの先どうなるかわからない本作を視聴者の皆さんと作っていけたらと思います。そのためにまずは劇場で見てもらいたい。
『フルーツバスケット』(画像は『フルーツバスケット』公式サイトより)
■結さんコメント要約
 青春時代に夢中にさせてくれた作品が新たにアニメ化されることがホントに嬉しいです。

 総監修は原作の高屋奈月先生で、アニメ化にあたって「絵を私の絵に寄せないでくれ」などの要望を出したと公式サイトで語られていて。ほかにも、公式でいまアニメ化する理由や作っているときの気持ちなどをひとつひとつ丁寧に伝えてくれていて、それが『フルバ』だなって。ぜひ見てほしい!
『7SEEDS』(画像は『7SEEDS』公式サイトより)
■吉田さんコメント要約
 超大御所の少女漫画家、田村由美先生が本気のSFサバイバルを手掛けた点が凄い。この作品は男性も楽しめます。

 そんなサバイバル中の各キャラの細かい心理描写に関しては少女漫画家ならではだなと感じられると思います。
『八月のシンデレラナイン』(画像は『八月のシンデレラナイン』公式サイトより)
■吉田さんコメント要約
 ゲームのアニメ化作品。PVの野球描写を見ても、そのスイングの角度はない……という箇所もなく、しっかり描かれている。

■結さんコメント要約
 女の子がやるからと言って、決して舐めてはいけない。リアルな作画にも注目です。
『ダイヤのA actⅡ』(画像は『ダイヤのA actⅡ』公式サイトより)
■吉田さんコメント要約
 このシーズンに野球アニメをあわせてくるのは“春の選抜”の余韻を残しつつ、夏の甲子園開始に向けて気持ちを高ぶらせるためなんですかね。

 しかも本作、オープニングテーマがGLAYなんですよ! アニメが開始されたらこの点にも注目です。
『KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-』(画像は『KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-』公式サイトより)
■吉田さんコメント要約
 楽しい物を求めている全ての人、プリズムを求めている全ての人への作品です。

■結さんコメント要約
 女子向けとか言っている視聴者は、まず騙されたと思って見てください! 全人類のためのエンターテインメントですから。
『BAKUMATSUクライシス』(画像は『BAKUMATSUクライシス』公式サイトより)
■吉田さんコメント要約
 去年の10月に公開されたアニメ『BAKUMATSU』の第2期。コミカルさも残しつつ12人の幕末志士の熱さに触れてほしい。声優さんも豪華です。
『なむあみだ仏っ!- 蓮台 UTENA -』(画像は『なむあみだ仏っ!- 蓮台 UTENA -』公式サイトより)
■吉田さんコメント要約
  僧侶枠ならぬ仏枠ですよね。(コメントを見て)神アニメ(笑)。

 DMM GAMESが『とうらぶ』、『文アル』に続くかたちで作っちゃった煩悩浄化RPG。仏擬人化エンターテインメント作品とも書かれています(笑)。この作品は1話だけはリアルタイムで視なきゃいけない。
『ULTRAMAN』(画像は『ULTRAMAN』公式サイトより)
■吉田さんコメント要約
 神山健治監督と荒牧伸志監督がタッグを組んで作るガチ3DCGアニメ。ダークヒーローにピッタリな声優さんも起用されていて、ダイナミックなアクション込みで楽しみ。
『プロメア』(画像は『プロメア』公式サイトより)
■吉田さんコメント要約
 おもしろそう! 本作脚本家の中島かずきさんはアニメ以外にも演劇の世界で劇団新感線の作家も担当されている。

 松山ケンイチさんなどの舞台俳優側の人と声優さんが見事にミックスしたキャスト陣にも期待大。これも劇場で見てこそでしょ。
『フレームアームズ・ガール~きゃっきゃうふふなワンダーランド~』(画像は『フレームアームズ・ガール~きゃっきゃうふふなワンダーランド~』公式サイトより)
■吉田さんコメント要約
 プラモデルがシリーズ累計100万個突破の大ヒット作品。今回は新規映像を携えて満を持して映画化。本作の舞台は立川だそうです。

 なお、自分の家にプラモデルが届くまでの流れも楽しみなんだそう。それで“うちのは動かない”って思うとか。ロボットも好き、キャッキャウフフも好きな人におすすめ。
『ぼくたちは勉強ができない』(画像は『ぼくたちは勉強ができない』公式サイトより)
■吉田さんコメント要約
 王道ラブコメの中に“勉強”という要素が絡んでくるみたいですね。ジャンプ作品感をひしひしと感じる。
『八十亀ちゃんかんさつにっき』(画像は『八十亀ちゃんかんさつにっき』公式サイトより)
■吉田さんコメント要約
 すでに愛知岐阜三重で爆発的に人気がある作品らしいです。

 愛のあるご当地弄り……オフィシャルで二度と訪れたくない町No.1名古屋の魅力に迫るとか紹介されていますね。
『ひとりぼっちの○○生活』(画像は『ひとりぼっちの○○生活』公式サイトより)
■結さんコメント要約
 じつは私ちょっとざわざわしているんですよ。というのも、漫画でも現実でも本当は友達いるのに自分を「ぼっち」という“ビジネスぼっち”と呼ばれる人がいて。なので、アニメ作品で登場するぼっちキャラにも「騙されないようぞ」という気持ちがちょっとあるんです。

 でも、この作品に関しては、シリーズ構成・脚本が花田十輝さんだと知った瞬間、ぼっちが共感できる内容が描かれるのでは? という期待が膨らみました。
『アイカツフレンズ!~かがやきのジュエル~』(画像は『アイカツフレンズ!』公式サイトより)
■吉田さんコメント要約
 また日笠さんの名前が(汗)。さっきから日笠陽子さんを休ませてあげてというコメントをよく見かけますね。

 今回の『アイカツ』では一般オーディションからの新人“逢来りん”さんがデビューされます。彼女の演技にも注目です。
『Bラッパーズストリート』(画像は『Bラッパーズストリート』公式サイトより)
■吉田さんコメント要約
 ラップとアニメの距離がドンドン縮まって来ている。そして、その中には毎回当事者として木村昴くんが居るんですよね。

 主要キャストは4名、木村昴くん、濱野大輝くん、本渡楓ちゃん、中島卓也くん。オリジナルEDも用意されているとのことなので気になります。

■結さんコメント要約
 本渡さんは『ゾンビランドサガ』で歌ったラップからラップ声優への道を切り開いたのかも!? 彼女のラップにも注目ですね。

『叛逆性ミリオンアーサー』(画像は『叛逆性ミリオンアーサー』公式サイトより)
■吉田さんコメント要約
 第1シーズンラストに登場したファルサリアという強敵に心を折られた団長達の日常から始まると……。各キャラを掘り下げていくらしいですね。
『消滅都市』(画像は『消滅都市』公式サイトより)
■吉田さんコメント要約
 これも気になる、刺さりますね。ゲーム系なんでしょ?……スマホゲームのアニメ化も多くなりましたね。ちなみにオープニングが阿部真央ですって。

■結さんコメント要約
 花澤香菜さんの歌が凄くよくてドキドキしちゃいました。OPもまた違った味が楽しめそうですね。
『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』(画像は『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』公式サイトより)
■結さんコメント要約
 凄く楽しみな作品。20年前に出ていた美少女ゲームが色々なメディアを経て、満を持してアニメ化するんですよ。とりあえず、並列世界とかそういうワードが好きな方は絶対に見たほうがいいです。いうなればドストライク元祖セカイ系です!

■吉田さんコメント要約
 フロッピー時代の良作ですからね。ほかにも古きよき作品の続編も出たりと平成何年だよコメントが(笑)。中には平成の閉店セールだって人もいますね……すごいわかります。とりあえずYU-NOは期待大です。
『ストライクウィッチーズ 501部隊発進しますっ』(画像は『ストライクウィッチーズ 501部隊発進しますっ』公式サイトより)
■吉田さんコメント要約
 今回は10周年企画ということでシュールでほのぼのとしたスピンオフ作品をまさかのアニメ化と。

 頭から最後まで笑える特濃15分間アニメということで、これまでのシリーズ作品とはまた違った心持ちで見れそうですね。
『ガールズ&パンツァー最終章』第2話(画像は『ガールズ&パンツァー最終章』公式サイトより)
■吉田さんコメント要約
 『ガルパン』は“見る見ないかではない、何回見るかだ”という熱いコメントが流れてきました。気合入ってますね。

■結さんコメント要約
 わかるわー! 私ミリタリーも行ける口なんですが、もう爆発音が凄くいい! 戦車ごとだけでなく火薬の違いまでしっかり音で再現している辺り変態で最高! 聴くとかじゃない、感じてください。
『ノブナガ先生の幼な妻』(画像は『ノブナガ先生の幼な妻』公式サイトより)
■吉田さんコメント要約
 ギャルゲー展開を夢見ていた教師が主人公。そんな彼に14歳の少女が子作りを迫る……らしいです。こういった子作りに関しては、戦国時代では割と当たり前な設定なので通報不要です(笑)。

■結さんコメント要約
 教師がギャルゲー展開を夢見るとか……大丈夫なんですかね? でもヒロインのど真ん中電波女っぷりは好きです。見なきゃいけないなぁ。
『みだらな青ちゃんは勉強ができない』(画像は『みだらな青ちゃんは勉強ができない』公式サイトより)
■吉田さんコメント要約
 妄想ラブコメがテレビアニメ化。妄想が暴走する女子系アニメですね。妄想ですから通報しなくても大丈夫です(笑)。
『文豪ストレイドッグス』(画像は『文豪ストレイドッグス』公式サイトより)
■吉田さんコメント要約
 男子がもっと見てくれてもいいと思うんだけどなぁ。個人的にはドストライクで面白いと思いますよ。

 そんな今回ですが、映画とかで暗躍していたフョードルも本格稼働ですので注目です。
『真夜中のオカルト公務員』(画像は『真夜中のオカルト公務員』公式サイトより)
■吉田さんコメント要約
 新宿区役所職員の話ということで、新宿区長から応援されている作品だそうです。新宿区観光協会とも取り組んでいる模様。

■結さんコメント要約
 街並みがリアルに再現されていたのにはそんなつながりがあったんですね(驚)。
『世話やきキツネの仙狐さん』(画像は『世話やきキツネの仙狐さん』公式サイトより)
■吉田さんコメント要約
 安定感半端ないなぁ、モフモフでいいのじゃよ! とりあえず1ミリも不安要素が見当たらないですね。幼女に見えて幼女じゃないので合法ですしね(笑)。

■結さんコメント要約
 800歳幼女という設定も安心につながってますね。
『超可動ガール1/6』(画像は『超可動ガール1/6』公式サイトより)
■吉田さんコメント要約
 超身長差ラブコメ、これですよ。ジャンル名で全て表現されている。昔から身長差系の激しいラブコメは定番ですからね。

■結さんコメント要約
 フィギュアと人間のラブコメですからね。身長差どのくらいなんだろう? 
『女子かう生』(画像は『女子かう生』公式サイトより)
■吉田さんコメント要約
 アニメ放送前に漫画をちらっと見てみたのですが、基本登場キャラが喋らないんですよね。

 喋らなくても可愛い彼女達の日常を楽しんでほしいとのことですがキャストが居るんですよ。 ……謎ですね、とりあえず1話を見て、それからですね。
『川柳少女』(画像は『川柳少女』公式サイトより)
■吉田さんコメント要約
 全て“五七五”で伝えるヒロインが紡ぐ川柳ラブコメ……という部分がPVで伝わってきましたね。

 川柳少女以外にもかなりパンチの利いたヒロインが登場するみたいです、そちらにも注目してほしいです。
『賢者の孫』(画像は『賢者の孫』公式サイトより)
■吉田さんコメント要約
 “小説家になろう”系の中でも圧倒的な強者を描いた作品の元祖みたいな立ち位置だそうです。注目度も高く、影響力もかなり持ちあわせているとか。
『群青のマグメル』(画像は『群青のマグメル』公式サイトより)
■吉田さんコメント要約
 世界の中心に突如出現した“マグメル”という新大陸を舞台に、冒険家時代が再到来していく……という中国原作の作品。

 ちなみに、主人公は冒険家ではなく、彼らを救助する人(通称:アングラー)とのこと。アクションシーンの派手さに注目してみてください。
『Fairy gone フェアリーゴーン』(画像は『Fairy gone フェアリーゴーン』公式サイトより)
■吉田さんコメント要約
 戦争のための兵器として用いられた“妖精兵”達が、戦争終結後にどう生きていくのか……ファンタジー作品ながらシリアスな展開を予感させる1本です。P.A.WORKSの画力にも期待が高まります。
『この音とまれ!』(画像は『この音とまれ!』公式サイトより)
■吉田さんコメント要約
 琴がテーマの音楽アニメだそうです、珍しいですよね。しかも本作で使われたオリジナル曲を収録したCDがリリースされていまして、文化庁芸術祭でレコード部門優秀賞を受賞しているそうです。

■結さんコメント要約
 琴の演奏が楽しみですね。気になるコメントが流れてきました……“琴版『スラムダンク』”ってどういうことなの? それだけ熱いってこと? 気になりますね。
『響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~』(画像は『響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~』公式サイトより)
■結さんコメント要約
 アニメ版から大好きな作品なのでホントに待ちました。私自身が吹奏楽部だったこともあって、楽器ごと・パートごとの人間関係が共感しかないんです!

 こぼれるような青春が繊細で大好きです。PVの演奏だけでも泣けてきちゃいます(涙)。

『RobiHachi』(画像は『RobiHachi』公式サイトより)
■吉田さんコメント要約
 コメディを作らせたら安心の高松信司監督作品です。今回は東海道中膝栗毛ネーミングになっているそうです。
『さらざんまい』(画像は『さらざんまい』公式サイトより)
■吉田さんコメント要約
 きた、本命枠! じつは第1話見たんですが、すっごい綺麗、なんもわかんない、最高!

■結さんコメント要約
 PVだけでも考察したくなりますよね。私も大本命! 1話の時点ではどれだけ置いてけぼりにされるのかって感じで気持ちよさしか感じないと思う。
『リラックマとカオルさん』(画像は『リラックマとカオルさん』公式サイトより)
■吉田さんコメント要約
 こちらの作品、なんと4Kで作られているそうです。そしてリラックマもこれまでに数々の作品に登場していますが、満を持して動くということであれは相当凄いと思います。
『異世界かるてっと』(画像は『異世界かるてっと』公式サイトより)
■吉田さんコメント要約
 これ公式かな? って不思議な気持ちを感じちゃいました。

 この作品を見て、4つの原作それぞれが気になったら、各作品の原作やアニメのほうも見てほしい……とのことです。
『アイドルマスター シンデレラガールズ劇場』CLIMAX SEASON(画像は『アイドルマスター シンデレラガールズ劇場』CLIMAX SEASON公式サイトより)
■結さんコメント要約
 アイドルの少女達をシンデレラと見立てて、彼女達を輝かせることに特化させたシリーズ。それが“シンデレラガールズ”です。そんな彼女たちが普段どんなことを考えているのか? そういった面を可愛らしく描いているのが本作です。

 数多くのアイドル達の個性がぶつかりあう。しかも、ボイス付きアイドルが全員出演するんです、この点が凄く安心できます。このアニメでボイスが付いて間もないアイドル達も輝いてくれると思っています。
『なんでここに先生が!?』(画像は『なんでここに先生が!?』公式サイトより)
■吉田さんコメント要約
 僧侶枠ではありませんよ。本作はストレートに「なんでここに先生がいるんだろう?」っていう驚きからくるコメディ作品です(笑)。

 隠したり隠さなかったりといった日本の伝統芸を描いた最新作です。
『みるタイツ』(画像は『みるタイツ』公式サイトより)
■結さんコメント要約
 こちらも僧侶枠ではないですよ。タイツってデニール数で見え方が全然違うんですよね。

 『みるタイツ』から食べるタイツ、破くタイツ、被るタイツといった派生が生まれないかなぁとか考えちゃいますね。
『洗い屋さん!~俺とアイツが女湯で!?~』(画像は『洗い屋さん!~俺とアイツが女湯で!?~』公式サイトより)
■吉田さんコメント要約
 今期の僧侶枠になるこちらのタイトル……凄いですね。どれだけアルコールを飲んで決めたんでしょうかね? とりあえず僧侶枠、全然手加減ねぇなぁっていうことがわかりました(汗)。

■結さんコメント要約
 いやいや、タイトルはド素面で決めたと思いますよ。というかコミックフェスタから洗い屋さん来ると思ってたんですよね、エロいですから。
『グリザイア ファントムトリガー』(画像は『グリザイア ファントムトリガー』公式サイトより)
■吉田さんコメント要約
 ゲームも大人気な本作、前の『つづきみ』でも紹介したのですがPVが新作ということもあって再度とりあげました。本作のために上京しなきゃというコメントもありますね。
劇場版『誰ガ為のアルケミスト』(画像は劇場版『誰ガ為のアルケミスト』公式サイトより)
■吉田さんコメント要約
 ポイントは河森正治さんが監督をやることですね。オリジナル作品ばかり担当する監督がゲーム原作を手掛けて映画化するのは初めてなんだそうです。
『進撃の巨人』Season 3(画像は『進撃の巨人』Season 3公式サイトより)
■吉田さんコメント要約
 今回もSeason 3と表現するんですね。かなりストーリー大詰めまで来ていますから、ネタバレされたくない人は毎回仕掛けの多い本作は見逃せないアニメですよね。
『鬼滅の刃』(画像は『鬼滅の刃』公式サイトより)
■吉田さんコメント要約
 本格感凄かったですね。家族の仇をとり、妹を人間に戻すために鬼狩りの道を目指す。剣劇アクションに期待大です。
『パンドラとアクビ』(画像は『パンドラとアクビ』公式サイトより)
■吉田さんコメント要約
 モンストのキャラなの? パンドラって。それとハクション大魔王のアクビがコラボするってことで世代を股にかけて楽しめる劇場版作品になっているそうです。マニアックなタツノコプロ作品のキャラクターも登場するとか。
『バースデー・ワンダーランド』(画像は『バースデー・ワンダーランド』公式サイトより)
■吉田さんコメント要約
 『クレヨンしんちゃん モーレツオトナ帝国の逆襲』や『河童のクゥと夏休み』などを手掛けた“泣けるアニメーション”の名手、原恵一監督作品ですね。

 PVの時点で良作でしかない件。“平成最後の感動アニメーションをぜひ劇場で”とのことです。
『海獣の子供』(画像は『海獣の子供』公式サイトより)
■吉田さんコメント要約
 自然描写がメチャクチャ美しい漫画家さんが海をテーマにした本作を描いていまして、あれをどうやってアニメするんだろうと思っていたのですが、PVがハイクオリティに仕上がってましたね。

 音楽も久石譲さんでSTUDIO4℃制作と……これは劇場にお金を出して見に行く作品の筆頭ですね。
『きみと、波にのれたら』(画像は『きみと、波にのれたら』公式サイトより)
■吉田さんコメント要約
 ずっと見ていられるような湯浅政明監督がまた夏モノを作られるんですね。

■結さんコメント要約
 湯浅政明監督の水の描写って唯一無二で、過去の作品からかなりパワーアップしていますね。
『キャロル&チューズデイ』(画像は『キャロル&チューズデイ』公式サイトより)
■吉田さんコメント要約
 これは1話先に見ました。ホント「どうしたんだろうフジテレビ」って思うぐらい凄かったです。未来の火星が舞台なのですが、久しぶりに行ってみたいって思える街があるんですよ。

 本作は見る価値がない部分がどこにもない、ド直球を全力で投げ込んでいる感じが堪らないです。

 2019春に放送・劇場上映される新作アニメ合計53本のPVを一気観しつつ、さまざまなコメントを残した吉田さんと結さん(+ゲスト)。

 本記事ではあくまでコメントの一部を要約というかたちになっているので、実際におふたりがどのような感想を語っていたか気になった方は下記よりタイムシフト視聴で追いかけてもらえればと思う。

・つづきみ 公式サイト
・つづきみ 公式Twitter

▼『つづきみ』タイムシフト視聴はコチラ▼
『つづきみ』吉田尚記アナと春の新作アニメPVを一気観するイベント生中継
無料アニメ視聴や春アニメ情報は「Nアニメ」をチェック
―あわせて読みたい―

・殴るのは顔面! 『とある魔術の禁書目録』上条さんの女性キャラへの男女平等パンチの歴史を振り返ってみた

・最終回に向けて話題になっているアニメって何? Google検索数で見た2019冬アニメランキングトップ10【6話終了時点】

・“釘宮病”患者に問う! 釘宮理恵が演じたイチバン好きなキャラは? シャナ、神楽、ルイズetc…中毒性が強いのは誰だ!?

・アニメ『五等分の花嫁』五つ子の中でスキンシップの多い子が判明! スキンシップ回数から姉妹のデレ度を調査してみた

 

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る