旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

『るろうに剣心』剣技“九頭龍閃”は本当に防御不可能なのか? VTuberが体を張って検証してみた結果

2019年03月07日17時00分 / 提供:ニコニコニュース

 今回紹介するのは、日向ロウさん投稿の『九頭龍閃は本当に防御不可能なのかを体を張って検証してみた【飛天御剣流】』という動画です。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

九頭龍閃はレーザービームを9本放つ必殺技だと思ってました



 

みなさんは九頭龍閃という剣技をご存知でしょうか。『るろうに剣心』に登場する剣技「飛天御剣流 九頭龍閃(くずりゅうせん)」。

 

 

九頭龍閃とは、高速で9方向からの斬撃「唐竹」「袈裟斬り」「右薙」「右斬上」「逆風」「左斬上」「左薙」「逆袈裟」「刺突」をほぼ同時に突進と共に繰り出す技です。VTuberの日向ロウさんは、実際に九頭龍閃をやり、防御が本当に不可能なのかを身をもって検証しています。

 

 

まずは、九頭龍閃を実際にやってみます。はじめは普通に9連撃。ゆっくりなので、九頭龍閃にはだいぶ遠いですね。

 

 

次に、これを3倍速、5倍速にしてみます。速いけど、まだ足りないということで……9倍速にしてみます。

 

神速の9連撃。これを防ぎたいそうです。それも刀で!

 

緑の部分が当たり判定です。この部分で刀を防ぎます。

 

 

刀同士がぶつかると火花が出ます。

 

防げずに当たった場合……このようになります。それでは実践していきます。

 

 

普通の斬撃です。さっそく当たってしまい、防ぎきれませんでした。でも、めげずに3倍速に挑戦します。

 

 

……。次、5倍速にも挑戦。2刀流で防いでいきます。

 

 

 

全く防御出来てないですけど、次、九頭龍閃。

 

 

 

結論、九頭龍閃は、防御が不可能だと分かりました。そこで、日向ロウさんは考えました。九頭龍閃と同じ速度で腕を振り回したら九頭龍閃を防御出来るのではないかと。

 

 

これを9倍速で。

 

 

では、実際にやってみます。

 

 

 

スローモーションでもう一度。

 

 

2回当たって致命傷ですが、防御することはできました。

 

 

等倍速の剣撃は全段防御できました。
たのしそう九頭龍旋閃最強!速すぎる動きは、相手が遅いほど邪魔をされるわけか。こういうのすきこれを刃止めで5打目まで止めた師範代がいるらしい面白かった!

 



▼検証をノーカットで視聴したい方はコチラ▼

九頭龍閃は本当に防御不可能なのかを体を張って検証してみた【飛天御剣流】

―あわせて読みたい―

『るろうに剣心』斎藤一の“牙突”は本当に出来るのか? 壱式・弐式・参式を居合い経験者が完全再現

これぞまさにバンブーブレード! 模様入りの鞘・鋭い刀身…すべてが竹の“本気の竹光”が真剣より斬れそう

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る