旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

“マジックミラー号”はいかにして生まれたのか?――赤字のなか起死回生をかけて臨んだ池袋で出演希望者の列を作るまでの物語を産みの親が語る

2019年03月05日11時30分 / 提供:ニコニコニュース

 男子の純情をかきたてる魔法の車――「マジックミラー号」。

 一見なんの変哲もないトラックでありながら、荷台がマジックミラーでコーティングされており、中にいる者からは外を見ることはできても道をゆく人々からは中で繰り広げられている“事”を覗くことはできません。

 ミュージシャンの西川貴教さんらが「学ぶ」をコンセプトに「身近で当たり前の事だけど詳しく知らないモノ、事」をテーマに深掘りしていくニコニコ生放送番組「西川学園高等学校、略してN高!」では講師にマジックミラー号の産みの親であり、国際的なマーケットを視野に入れた新しいスタイルの作品を作り出す映画製作会社「マメゾウピクチャーズ株式会社」プロデューサーの久保直樹さんが登壇。生徒には番組レギュラーの西川さん、ミクロマンサンライズ!!!さん、星田英利さん、ゲストには手島優さん、MCには土屋礼央さんが登場。

 いまやアダルトビデオ界の一ジャンルとしてその地位を確固たるものとしたマジックミラー号。その誕生までの波乱万丈な経緯、撮影初日の知られざるエピソードを久保さんが語ります。
マジックミラー号
(画像はWikipediaより)
―あわせて読みたい―

「痛くない?」「性的な興奮はあるんですか?」 ベールに包まれた緊縛の世界“縛られる側の人”に色々聞いてみた

セクシー男優“しみけん”が語るAV撮影の裏側。有名人デビュー現場の実情とは……!?

セクシー男優“加藤鷹”が語るAV撮影現場のお仕事。「女優の◯◯をこぼさないようにブランデーグラスで受けるのが最初の仕事だった」
「マジックミラー号」産みの親がAVを撮影したきっかけ久保直樹さん。
土屋:
 何年ぐらいこのマジックミラー号の監督されてたんですか?

久保:
 1996年から2004年ぐらいまで。

星田:
 監督って主にどういうことするんですか?

久保:
 ナンパして連れてきて、脱がして撮影して……。

星田:
 監督がご自身で相手するってことですか?

久保:
 絡みは男優がやりますけど。

星田:
 撮ってるってことですか。
左から西川貴教さん、ミクロマンサンライズ!!!さん、手島優さん、星田英利さん。
久保:
 はい。

土屋:
 じゃあその10年間のマジックミラー号はすべて久保先生ってことですか?

久保:
 そうですね。

土屋:
 ってことは、われわれお世話になってるということですけど、ただ生まれてすぐにAVの監督をやってるわけじゃないわけですよ。皆さんAV監督なりたいって人もいるかもしれませんから、これを参考に、ということでプロフィールをご覧ください。

 久保直樹先生は1964年生まれの東京都出身。大学卒業後、映像制作会社に就職。『ニュースステーション』のスポーツニュースの編集を担当してたという方なんです。これは野球ですよね?

久保:
 野球ですね。球場へ行ってその横で、編集して撮って出すっていう。

土屋:
 これが、久保先生の代名詞があって、「テレ朝最速の編集マン」と呼ばれていた。要は『ニュースステーション』中に試合はまだやっていて、延長とかになったらそれを急いで編集して……ということなんです。

久保:
 そして、近くの朝日新聞があるんですけど、そこまで走って行って、撮って出す。

土屋:
 そうか、今みたいにデータを飛ばせないから、走ってやるんですね。最速のやり手ということで、スゴ腕の方でございますが、その編集を担当している会社勤務の傍ら趣味で映画を自主制作。それがゆうばり国際ファンタスティック映画祭【※】でグランプリ。これ、何というタイトルの作品なんですか。

※ゆうばり国際ファンタスティック映画祭
北海道夕張市で開かれている映画祭。4~5月にかけて公開される話題作の発表の場と、インディーズや自主制作映画のコンペティション部門、若手作家の発表の場となっている。

久保:
 『トラッシュ』っていうタイトルですね。
「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」
(画像はWikipediaより)
土屋:
 グランプリを取ったことで退職し、フリーディレクターになるということです。とはいえ結構立派な仕事ですから、これ辞めるって相当勇気なんじゃないですか。
「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019アーカイブ」
ファンタスティック・オフシアター・コンペティション部門に久保直樹さんの名前が。
(画像は公式サイトより)
久保:
 いや、ゆうばりでグランプリ取ったときに、その審査員長のプロデューサーの方に、「君は明日からでもすぐに映画監督になったほうがいいぞ、もう会社辞めてうちに来なさい」ということで、翌日会社に辞表を出しまして。そのプロデューサーに電話して、「辞めました」って言ったら「辞めちゃったの?」って(笑)。

土屋:
 悪い大人がいるんですよ……。

久保:
 「で、これからどうするの?」と言われて、それからアルバイトとかしつつ。

星田:
 では、グランプリを獲ったときに映画監督になろうと思ったんですね。

土屋:
 そのプロデューサーは結局、そこの仕事はくれなかった?

久保:
 仕方がないから「テリー伊藤」って知ってる? ってことで、「ロコモーション行きなさい」っていう感じで(笑)。

土屋:
 その紹介で出会ったのがテリー伊藤さんというようなことで。今やコメンテーターだったりするので顔も知られてますけど、『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』などを手がけた名プロデューサーでもあった。で、ここの会社に行ったと。

久保:
 ここで一軒家プロレスとか商店街プロレスとか、そういうビデオ安売王の特殊プロレス物を作ってたんです。

西川:
 特殊プロレス物(笑)。すごいな。

土屋:
 一軒家プロレスってどういう内容なんですか?

久保:
 一軒家プロレスというのは、その一軒家の中でプロレスラーが一軒破壊しながらプロレスするっていう(笑)。

一同:
 (笑)

土屋:
 やっぱそれはテリーさんのイズムがそういうことを?

久保:
 それはテリーさんの企画ですよね。そのときにビデオ安売王【※】っていうのがあったんですけども、それを撮ってる最中に「AVも撮ってくれないか」ということで始めたのがAVなんですよね。

※ビデオ安売王
かつて日本に存在したビデオメーカー・日本ビデオ販売が全国にフランチャイズ展開したもの。専門知識を必要とせず、3000円のビデオが1日40本売れれば1日の粗利益は6万円、それは1時間にわずか4〜5本の販売本数で達成できる。店舗にはアルバイトをおくだけで運営可能であり、サイドビジネスとしても手がけられるなどとリクルートの発行するリクルートムック『独立・開業・フリーになる本』などで宣伝し、多くの加盟店を集めた。

土屋:
 その奇抜なアイデアっていうのはやっぱテリーさんから教わったっていうことは……?

久保:
 多いですね。

土屋:
 で、テリーさんと出会ったと。そうなってもう1人、キーワードとなる方がこちらの方です。

 高橋がなりさん。これはテリーさんの直々の後輩ということですよね?

久保:
 まあ、弟子というか後輩ですよね。

土屋:
 『マネーの虎』という番組があり、それで有名でございますが、このがなりさんがソフト・オン・デマンドで出会ったときに一緒に作ったと。

久保:
 「ソフト・オン・デマンドで一緒にやろう」っていうことで始めたんですよ。

星田:
 いわゆるピンク映画の監督するようなノリで?

土屋:
 だから最終的に「映画を撮るためお金を稼がなきゃ」っていうことで、ソフト・オン・デマンドに行ったということですか?

久保:
 女優さんもそうでしょ? 「アイドルになるんだったらAV出たほうがいいよ」っていう。

一同:
 (笑)

土屋:
 手島さん、そこら辺のルートとしてはどういうパターンがあるんですか?

手島:
 でもそういう子は多いですよね。グラビアだと食べていけないからっていうので、そっちにいく人も結構いるとは聞きますよね。

土屋:
 ソフト・オン・デマンドというAVメーカーですけども、最初の頃は「からみ【※】ナシ」っていうこだわりがあったらしいんですよ。これはどうしてなんですか?

※からみ
アダルトビデオ業界におけるセックスを指す業界用語。

久保:
 こだわってはいないんですけども、ビデオ安売王時代に「全裸スポーツ」っていう、ただ全裸でバレーするだけのものを出したんですね。それが爆発的に売れたんですよ。

土屋:
 要はレンタルのAVメーカーっていうのもあったんですけど、そこはやっぱり太刀打ちできないぐらい強い。新しく出るのであればセル(販売)のほうでいこうっていうことで……。

久保:
 レンタルはばっちりからみをやるし、かわいい女優さん出てくるということで、そういうのはできないのでバレーをやる。そのバレーボールも、新潟の温泉地で火曜サスペンス撮影中に、温泉シーンがあるじゃないですか? あの子たちに裸でバレーさせたのを撮ってたんです、それをただ出したらすぐ(笑)。

一同:
 (笑)

西川:
 人を集めて、素材も場所もそれで、何なら機材だってあるから撮っちゃって。

久保:
 それをそのまんま売った(笑)。

星田:
 女の子らは「火サスに出る」と言って見てても、「あれ? 全然出てこないな」と思うけど、違うとこで出てたってことですよね。

土屋:
 そうそう。で、全裸シリーズ大ヒットということで。その頃、全裸シリーズはヘアが見えたということが、他のものとの違いということで売れたということなんですよ。

久保:
 レンタルはモザイクばっちり入ってるんですけども、セルビデオなんでヘア解禁してたんです。「全裸でバレーやってるだけなので、芸術だ」っていうことで(笑)。絡みもないから。

一同:
 (笑)

西川:
 そうか、ただ裸でスポーツをやってるだけなんだ。

久保:
 そうです。

土屋:
 このほかにも全裸バスケット、全裸オーディションなど……。

星田:
 それも結構本気でやるんですか。

久保:
 本気。やっぱり本気じゃないと。

星田:
 どっちが勝つかとか(笑)。

土屋:
 いや、そうですよね、そこが大事だと。だからレンタルのほうは本番とか絡みのものばかりだったので、そこにそういうバラエティがなかったので、オンリーワンってことだっていう。あと全裸避難訓練とか。

一同:
 (笑)

久保:
 全裸避難訓練っていうのは本当に地震が発生したという想定内で本当に避難する。

星田:
 でもあり得ますもんね、裸のまま逃げなければいけないときって。

久保:
 最初の頃って渋谷スタジオで撮影してたんですよ、これはもう芸術なんだと言って。

西川:
 でも本当に「全裸」って付いたら大体いけますもんね。

土屋:
 僕が調べた中で言うと『全裸オーケストラ』。あと『全裸和太鼓』。あと『全裸巨大少女』ってのが。
土屋礼央さん(左)。
西川:
 何それ(笑)。

久保:
 それはちょっとわかんないですけど。

土屋:
 じゃあ他の会社ですか。

久保:
 多分。

土屋:
 『全裸シンクロ』、『全裸ゴルフ』とかいろいろ。

星田:
 でも今だったら全裸将棋とか、将棋ブームだから全然いけますね。
「マジックミラー号」誕生の経緯
土屋:
 というようなことがあって、ようやくヒットが生まれて軌道に乗り、そこからマジックミラー号が誕生するわけなんですが、なぜここにたどり着いたかというのは、ある企画が大こけしてしまったことで生まれたという。その企画のタイトルはこちらです。『地上20メートル空中ファック』(笑)。

一同:
 (笑)

手島:
 どういうこと?

久保:
 これは4畳半ぐらいのアクリルボードを20メートルのクレーンでつるして、男優と女優さんにバンジージャンプのゴムをつけて、もちろんバランス悪いですから、絡みをやってると落ちちゃうんですよ。そして、落ちると下で爆発するっていう。

一同:
 (笑)

手島:
 怖いよ。

星田:
 作り手としてはどこで抜いてもらえるって思ったんですか。

久保:
 爆発。

一同:
 (笑)

星田:
 爆発で抜くの(笑)?

久保:
 それは東北のサファリパークでやって、ヘリで空撮とかやったんです。

手島:
 めっちゃお金かかってる。

星田:
 今みたいにドローンがないからヘリで……。

久保:
 で、結局全然売れなかった。製作費は9000万円ぐらい。他のシリーズでヒットしてたお金は全部なくなっちゃった。

土屋:
 これは企画会議ではいけると踏んだってことですよね。

久保:
 僕はいけないと思ってましたけど、がなりさんはいけると思って(笑)。

マジックミラー号企画のきっかけは「1000円払うから足舐めさせて」
土屋:
 爆破させるとかそういうものがあったというようなことで、かなりの赤字を出してしまったので、失敗を取り返すためにいろんな企画会議があって、高橋がなりさんが出した企画がこちらなんです。

 マジックミラーボックスということで、これはまだ原型の原型です。これはどういう企画なんですか。

久保:
 マジックミラーボックスを作って、町中に置いて、その中に素っ裸の芸人を入れて、OLを呼んで覗かせて、きゃーっていうのを撮るっていうだけ(笑)。それをAV版でやりたいっていう。

土屋:
 それは地上波でやろうとして撮ったんですよ、時代がすごいですよね。

久保:
 で、当時その露出ビデオっていうのはものすごい流行ってましたが、露出はちょっと危険じゃないのないのか、ということでミラーボックス。

星田:
 隠して。それも、きゃーっていう女の子のリアクションで興奮させようっていうことですか。

久保:
 そうです。

土屋:
 箱の中じゃなくて外の反応を撮りたいという企画だった。で、そうしてもう一つの企画が生まれてミックスになるということで、そのもう一つの企画がこちらです。

久保:
 これは当時、僕の知り合いの男優が女の子に1000円払って、本当に街中で歩いてる子に女の子1000円払って足なめさせてくれって言ったら、ワゴン車の前に列ができた。で、僕は「嘘だ!」と思ったんですよ。

星田:
 男優さんがプライベートでやって?

久保:
 プライベートでやった。で、その彼はもうすごいドMなんですよ。本当にお金払って「舐めさせてくれ」って言ったら列ができた。それ、本当なのかっていう話で、それができるんだったらそういうのをちょっとやりたいっていうことで……。

土屋:
 意外と無理だと思ったけど、あっちから望んでくる、と?

西川:
 それは誤解があって、捕まえてきてどうのとかじゃなくて、もう進んで皆さんからいらっしゃるパターンってことだよね。

ミクロマンサンライズ!!!:
 ドクターフィッシュみたいなものですね。

一同:
 (笑)

土屋:
 赤字も抱えてたので、それで一般の方で1000円ならこれはいけるだろうということで、さっきのがなりさんの企画と合体したということです。これでマジックミラー号という企画がスタートした。

久保:
 要はそのミラーボックスの中にその女の子を連れてきて、さっきの1000円払うじゃないけど、それで。

星田:
 いくら出したら全裸になるかってことですか。

久保:
 はい。だから最初はゲーム性だったんです。
下着5000円! 片乳2万! 全裸で4万! 本番10万!
土屋:
 ついに撮影、最初のロケが行われるということですけど、交渉をするわけです。その金額、条件、最初に設定したのがこちらの金額です。

 下着を見せてくれたら5000円!

久保:
 チラっと。

土屋:
 チラッとでいいんですか。

久保:
 だってもともとやってくれると思ってないですから(笑)。

土屋:
 で、下着5000円。片乳2万。全裸で4万と。これはあとからこうなったんですか?

久保:
 そうですね。

星田:
 これ、女性の社員さんに「お前やったらどれぐらい?」っていうのは聞いたんですか。

久保:
 何人かにヒアリングして、大体「顔が見えなければ……」っていう。

土屋:
 これは20年前の値段ですけども、手島さんどうですか。自分自身、20年前っていうのはもう女子高生とか?

手島:
 私、一回もやってないですよ!

一同:
 (笑)

手島:
 でも……片乳っていうのは、トップも見せての片乳ですか?

久保:
 ……2秒!

一同:
 (笑)

手島:
 上手い。「2秒でいいの?」って今なっちゃったもん(笑)。

土屋:
 2秒で2万ですよ。秒給1万ですよ。

久保:
 時給どころじゃないですから。

手島:
 これはちょっと乗っちゃうかもしれないですね。

土屋:
 当時、女優さんのギャラが12時間拘束で20万円だった。そう思うと秒で。

手島:
 よし、片乳やる!

星田:
 乗せられた(笑)。

土屋:
 これ、実際うまくいくと思って始めたんですか?

久保:
 いや、全然思わなかったですね。
周りの風俗店に「40分おきに寄越してくれ」
土屋:
 そういうちょっと不安な流れで始めて、ロケの場所どこから始めたのかというのが、まず最初はこちらです。

 渋谷の109前。

星田:
 人多いしね。

土屋:
 どうしてこの場所を選んだんですか。

久保:
 これはロケーション的にミラー号が止まってて、この全景映したときに109っていうのが説得力あるだろうなって。

星田:
 リアル感がある、みたいな。

土屋:
 ちょうど援助交際とかも流行ってた時代。

 ただこれ、全然声かけるのがうまくいかなかったんです。

星田:
 声かけるときに片乳見せたら2万円とか説明するんですか。

久保:
 いや、当時はナンパ隊が嘘ばっかりついてたんですよ。ちゃんと説明しなきゃいけないっていう話で、「エッチな企画なんですけど、ちょっと下着見せてもらえませんか」と。

土屋:
 でも、これで「撮れ高ありませんでした」じゃまずいですよね。

久保:
 なので、最初は周りの風俗店に声をかけて、仕込みで「40分おきに寄越してくれ」と。本当に素人の歩いてる女の子が脱ぐわけないって思ってたんです。

星田:
 最初はね。

土屋:
 最初はそうしてたっていうか、初日があまりいい撮れ高がなくて。ですが、2日目になったらすごいことになります。こちら。

 マジックミラー号の前に女性の行列ができたと。

西川:
 今度はどこに行ったんですか。

久保:
 これは池袋芸術劇場前ですね。僕らは池袋芸術劇場はもう「聖地」って呼んでいて。

一同:
 (笑)

西川:
 僕ら、舞台・ミュージカルでしか行ってないです。

星田:
 ミュージカルの人の聖地ですよ。

久保:
 もうナンパできなければ芸術劇場行く。

西川:
 池袋って我々みたいな地方出身者からしても、ちょっと渋谷とも、新宿とも、その他の地域とも違う独特のカラーが池袋にないですか?

久保:
 ありますね。
1日で100人に声をかけて、やるのが10人くらい
土屋:
 初日の反省を生かして、交渉もうまくなったってこともあるらしいんですけども、行列ができた理由としてはどういうことなんですか。

久保:
 これはナンパ師が大体4人ぐらいいたんですけども、それぞれがうまくいっちゃってて、同時に来ちゃうから、撮影してる間にどんどん来ちゃうんですよ、だから結局行列になっちゃって、もう今日はここまでっていう。

星田:
 全員はわかってるんですか。「私は下着までです」」、「私は乳までです」っていうのは。

土屋:
 並んでる人にメニュー渡してどれにしますかみたいな状態になるってことですね。

久保:
 でも今日はここまでっていうふうに、これ以上撮らないっていう。

土屋:
 でもこんなに行列なるってんですけど、何人に声かけて何人ぐらいがOKになるんですか?

久保:
 1日で100人ぐらいに声をかけて、30人ぐらい乗ってきて、やるのが10人ぐらいじゃないですか。

土屋:
 結構な確率……すごくないですか? 

ミクロマンサンライズ!!!:
 10人は最後までやられる方もいたと。

久保:
 最近だとそうですね、当時もそうですけども。

星田:
 でも、当時は顔隠すから、ビジュアルとかはもう関係なしに。失礼ですけど「こんな人の裸見たくない」って人でも。

久保:
 でも全部やる。もう何でもいい。

土屋:
 で、この行列できてどうでした? その当時の感想で言うと。

久保:
 何でもお願いしてみるもんだなっていう(笑)。

一同:
 (笑)

西川:
 これ、お金もらえるってわかっちゃったら、変な話、常連などはいたんですか。

久保:
 いますね。だから芸術劇場で撮ったときは、その向こう側にマクドナルドがあるんですけど、その2階からミラー号を見てて、来るんです。ばーっと5、6人。で、「もう君、この間撮ったでしょ?」と。「この間もまた服替えて撮ったし、何回も撮ってんだから帰って」て言うと、「じゃあ友達連れてくるからお金ちょうだい」って言って、もうどんどん連れてくるんですよ。

西川:
 すごい。間に入って、業者じゃん(笑)。

土屋:
 それぐらいお金目当てということで、SNSもなかったりっていうことで、警戒心もなかったのかな。

久保:
 あと、「パチンコで10万すったから今やってないか」とか。

土屋:
 ということで、想定以上に女性が集まったそんな企画ですから、最初のマジックミラー号は1万本の大ヒットということで。これは、最初は何本ぐらい売れればいいかなって感じだったんですか。

久保:
 2000~2500本ですかね。

土屋:
 で、これはもちろん先ほどにも言ったとおり、からみがない状態で1万本。

星田:
 で、かわいくもなかったわけでしょ(笑)?

久保:
 でもリアルだから。

土屋:
 それが大事なんですね。でも中にはお金欲しい、本番までやらせてくれって人もいたんですよね。

久保:
 いるのはいるんだけど、やっぱり断るんですよ、逆にリアルじゃないと思って。そんなわけないでしょっていう。だから結構お断りして、帰してた部分もあるんですよ。

 でも、試験的に何本か入れた結果、やっぱ本番のほうが売れたんですよね。

土屋:
 で、そっからちょっとずつ本番の方にもなってきた。

久保:
 うん。だからやっぱりAVに求められるのはそこなのかなっていう。ちょっと悲しいですけど。

こだわり1:リアリティとストーリー性
土屋:
 続いては「マジックミラー号のこだわり」。それが「リアリティとストーリー性」。やっぱここが大事ですよね。

久保:
 これは僕もテレビ朝日にいたんで、ドキュメンタリーということで、NHKやそういうところでも女の子のドキュメンタリー撮ったとしても、さすがにセックスのとこまで撮れないじゃないですか。これはストリートを歩いてる女の子のそういった生態を撮れるっていう。

星田:
 そういう意識でドキュメンタリー……。

久保:
 これ、毎年撮ってるので、全部合わせると日本の女の子の変遷がわかる貴重な資料なんですね。90年からずっと撮ってるから。

土屋:
 不思議なもので、僕、早送りしながら見るんです。だから全然、本番のところだけでいいですよ。でもその早送りするのと、ストーリーがあるとないで全然興奮度合いが違うんです。

西川:
 俺、あんまりストーリー見ない。

一同:
 (笑)

土屋:
 僕はでも、やっぱストーリーがないと同じ本番でも全然興奮度が違うんです。酔っ払っててほしいし、ちょっとためらっててほしいしみたいなところがあるわけですね。

手島:
 嫌がってほしいんですね。

ミクロマンサンライズ!!!:
 どういう人かっていうのを先に知りたいですよね、まず。

土屋:
 そうなんです。その人が脱ぐんだ、みたいなことありますね。

手島:
 性癖だ。
こだわり2:視界に入った女性全員がターゲット!
土屋:
 そんなリアリティとストーリー性というこだわりがあって、そして女性にどういう人に声をかけるのか。そんなこだわりはこちらです。

 視界に入った女性全員がターゲット。

西川:
 すごい。何て力強い言葉。

一同:
 (笑)

久保:
 これは、いけそうな人とか、露出が多いからいけとかそういうんじゃなくて、もう目に入ったのを全部いかないとだめです。

手島:
 年齢とかも関係なくですか?

久保:
 年齢はあるけど、要はモデルになれそうな年齢の子だったらもう全部いくっていう。

土屋:
 それは迷ってる場合じゃなく、とりあえず、いかなきゃいけないと。

久保:
 だから、この子はいけそうだなっていってもだめだったりとかあるから、もう。

星田:
 でも、ぶちギレられるみたいなもんもあるでしょ。

久保:
 あります、何度もあります。

星田:
 それこそ彼氏があとから出てきて、お前、誰に声かけてんねんみたいな。

西川:
 我々もやっぱり男なんで、あんまり人に、街中歩いたりとかしてて声かけられるみたいなことってないんですけど、女性の人とかだとあるんでしょう。だから、例えばそれは、「モデルになりませんか」とか、「デビューしませんか」とかから、例えば、「夜のお店で働きませんか」とか……。
こだわり3:脱がなくても“エロい部分”を撮る
土屋:
 そしてこだわり三つ目、女性が見事マジックミラー号に乗ってからのこだわりでございます。それがこちら。

 脱がなくても何かしらはエロい部分を撮るという。

西川:
 どういうこと?

久保:
 これは「何でもいい」んです。例えば、胸チラでもいいし。とにかく何でもいいから、撮るっていう。

星田:
 ずっと回してるってことですか。盗撮じゃないけど、何かしらがチラッと見えたらいいって。

久保:
 そう、そういうのを。

星田:
 パンチラでもいいし。

土屋:
 だから、ありとあらゆる手を使って何とかして少しでもエロい部分を。基本的には、大体撮れると。

久保:
 はい、絶対撮れます。

▼記事化箇所は09:45から始まります▼

西川学園高等学校、略してN高!

―あわせて読みたい―

「痛くない?」「性的な興奮はあるんですか?」 ベールに包まれた緊縛の世界“縛られる側の人”に色々聞いてみた

セクシー男優“しみけん”が語るAV撮影の裏側。有名人デビュー現場の実情とは……!?

セクシー男優“加藤鷹”が語るAV撮影現場のお仕事。「女優の◯◯をこぼさないようにブランデーグラスで受けるのが最初の仕事だった」

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る