旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

『けものフレンズ』コノハ博士をプラ材を溶かす“ヒートペンで”作ってみた。袖のフワフワ感まで再現したフルスクラッチの技術に「つくったー!?」「ちっちゃーい!」と驚きの声

2019年02月26日09時00分 / 提供:ニコニコニュース

 今回紹介するのは、すーめだかさんが投稿した『【けものフレンズ】コノハ博の士フィギュア作ってみた【ヒートペン】』という動画。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

けものフレンズより、コノハ博士のフィギュアを作ってみました。ヒートペンという道具でプラ材を溶かして作ってます。これでけものフレンズフィギュアは6体目。紙芝居ですみません。



 プラ材を溶かすヒートペンで、『けものフレンズ』コノハ博士を作ります。

 溶けたプラスチックから、徐々にコノハ博士が形作られてきました。

 スカート部はパーツの形状を活かして作られています。

 手を作るプロセスです。

 ベースがほぼできました。ここにさらに尾羽や服のディテールなどを加えます。

 パーツに分けて塗装しました。

 コノハ博士の完成です!

 精巧な作品の、この小ささに驚きます。

視聴者のコメント

・つくったー!?
・ちっちゃーい!
・すっごーい!
・もこもこ感が再現されててすごいわ
・地味に尾羽のクオリティいいな
・すばらしい

▼動画はこちらから視聴できます▼

【けものフレンズ】コノハ博の士フィギュア作ってみた【ヒートペン】

―あわせて読みたい―

『けものフレンズ』博士と助手を“羊毛フェルト”で作ってみた。スプーンの持ち方の違いまで再現した完成度に「すばらしい出来」と称賛の声

『エロマンガ先生』EDの“紗霧ダンス”ができる超可動フィギュアをヒートペンとランナーで制作「こだわりのオーラを感じる」

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る