旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

『ポケモンGO』大量発生しているメルタンを粘土で作ってみた。顔の中央に浮かぶ“目”のさまざまな表情も釣り糸で再現

2019年02月22日11時15分 / 提供:ニコニコニュース

 今回紹介するのは、☆くろさや☆さん投稿の『【ポケモン粘土】メルタン作ってみたよ!【後付け実況】』という動画です。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

お久しぶりです!!
一年半ぶりの粘土動画の投稿になります。
最近はめっきり粘土で遊んでなかったんですが、久々に時間が作れたので挑戦してみました☆
見た目とは裏腹に…苦戦しました…orz



☆くろさや☆さんが、2018年にスマホゲーム『ポケモンGO』に突如登場し、「謎のポケモン」と話題になった“メルタン”を粘土で作ります。

 

 

材料はこちらです。

 

白い粘土と黄色い粘土を混ぜ合わせて、頭の部分を作ります。

 

少し硬めのプラスッチック板を六角形に切り、真ん中に丸い板を張り付けます。

 

先ほど練った黄色い粘土を少し厚めの平らにします。六角形のプラスチック板を丸い板が付いている方を下に粘土に押し当て、周りを必ず角が出来るようにカッターで切り取ります。

 

プラスチック板を取り外し、2時間ぐらい置いて、固まった後に平らな棒のようなもので真ん中をくりぬいていきます。中は柔らかいので、慎重に抜き取ります。水を使って、さらに真ん中の丸の形を整えます。しっかり固まるまで寝かせます。

 

目を浮かせるために、頭のてっぺんにする部分に小さな穴を開け、釣り糸を通します。

 

目の部分は、黒い絵の具と白い粘土を混ぜ合わせ、丸い目と細長い目を頭の真ん中に収まるような大きさで作ります。

 

体の部分は、銀色の絵の具と白い粘土を混ぜ合わせ、緩い感じの柔らかボディーを作ります。

 

しっぽの部分は、白い粘土と赤色粘土を混ぜ合わせ、細長くし、少しカクカクさせます。

 

体の部分に疑問を持った☆くろさや☆さんは、絵の具の量を減らして、少し白っぽく作り直しています。

 

白い粘土で、目の輝きを作り、しっかり貼り付けます。

 

揃った全てのパーツを組み立てます。

 

メタルボディを表現するために、マニキュアと艶出しニスを重ね塗りしました。粘土とは思えないメタルボディの可愛いメルタンの完成です。本当に目が浮いているように見えますね。
かわいい〜〜すげぇ浮いて見えるわ作ってみようかな目が本当に浮いてて凄い相変わらずクオリティ高いなこだわり大事器用だなすごい発想

 



▼可愛いメルタンの製作過程を
ノーカットで視聴したい方はコチラ▼

【ポケモン粘土】メルタン作ってみたよ!【後付け実況】

―あわせて読みたい―

『ジブリ』の宮崎駿監督を石粉粘土で作ってみた。リアルすぎて今にも動き出しそう

初音ミクを100均の紙粘土で作ってみた 謎の超絶技巧のオンパレードで組み上げたら粘土のミクさんが画面から飛び出した!?

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る