旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

かつての「VTuber800人全員見た男」が独断と偏見で選ぶ耳がすこすこになる歌ウマなVTuber10選

2019年01月10日12時00分 / 提供:ニコニコニュース

  かつて、「VTuber800人全員見た男」(当時)として紹介された、たば君(@taba3V)という青年をみなさんはご存じだろうか。

「1日で新人VTuberを100人見た」
「8年前にニコニコ動画にハマって以来、毎日最低4時間はログインしてた」

など、かなりアンダーグラウンドな若者として紹介された彼だが、じつは専門の学校で声楽を学んだ経験がある人物であると耳に挟んだ。さらに聞けば、歌が大好きでVTuberの歌ってみた系の動画も好んで見ているとのこと。
雑談配信やゲーム実況が活動のメインである彼(彼女)らだが、歌ってみた系の動画の人気も高い。YouTubeで「VTuber」と検索すると「歌ってみた」がすぐ出てくるくらい主流なジャンルになっている模様。
YouTube検索「VTuber」
 「NHK バーチャルのど自慢」をはじめ、特番やライブイベントで歌を披露する機会が増えているVTuber界隈だが、その中で「とくに歌ウマなのは誰なのか?」、多くのVTuberを知り、かつ声楽に関しても詳しい彼に挙げてもらったらおもしろいのでは?

 そう感じた編集部では今回、そんなたば君に「その歌声を聴いていないのはモッタイナイ!」な歌ウマVTuberは誰なのか聞いてみた。

■たば君が紹介された記事はこちら
バーチャルYouTuber800人全員を追う本物の男に聞く、最近のバーチャルYouTuber事情(ねとらぼ)

文:たば
編集:竹中プレジデント
たば君が選ぶ歌ウマなVTuber10選
 どうも、たばです。2018年3月くらいに「VTuber800人全員見た男」として紹介され、『バーチャルYouTuber名鑑2018』にも関わらせてもらうなどもしました。

 今ではもう6000人以上のVTuberがいると言われていますから、全員を見るというわけにもいかず、好みの子を見つけてはニヤニヤする日々を過ごしています。
(画像は『バーチャルYouTuber名鑑2018』Amazon購入ページより)
 何かと忙しかった年末年始ですが、みなさんはどのようにお過ごしになられたのでしょうか。自分は、良くも悪くもVTuberに染まった年末年始でした。

 本当は、ずっと布団の中にいたいような気持ちではあるのですが、お給料がVTuberという存在のおかげで貰えている、まさに“VTuberに生かされている”状態なのでそうも言ってられないですね。

 さて、この年末年始には、「Count0」「バーチャル大晦日2018~みんなで年越しブイッとね!~」「NHK バーチャルのど自慢」など、多くのVTuber特番・ライブが開催されました。また、1月12日には樋口楓さんの1stライブ「Kaede Higuchi 1st Live “KANA-DERO”」の開催も予定されています。

 その他にも単独ライブなどの機会も増え、歌を披露する機会も多くなってきたVTuber。今回は、声楽をかじり、自分で歌うのも大好きなわたくしが思う、歌ウマなVTuberを紹介していこうと思います。

★独断で選ぶ歌ウマVTuber10選
・おめがシスターズ
・かしこまり
・KMNZ
天神子兎音
道明寺ここあ
・バーチャルゴリラ
・樋口楓
・ヒメヒナ
町田ちま
・緑仙
おめがシスターズ(画像は「青いベンチ / サスケ by おめがシスターズ」より)
◆おめがシスターズのココがいい!
・ぴったりマッチしたふたりの声とコンビネーション
・隠しきれない陽気さ

 おめがリオとおめがレイのふたごVTuber“おめがシスターズ”。

 まず、リオちゃんはとっても渋く、ハスキーな歌声をしています。これはとくに「青いベンチ」のAメロで聴くことができます。

 若干気息混じりの低音は思わず声が出るほどかっこいいです。


 レイちゃんは中音域に声のピークがあり、ロングトーンの伸びが良いです。その特性からハモリがとってもマッチ。

 以下の動画では朝ノ姉妹のふたりも登場します。伸びやかで美しい声を持っているのでおすすめです。


かしこまり(画像は「クリスマスソング / back number ( cover by かしこまり )」より)
◆かしこまりのココがいい!
・力強くかっこいい歌声
・動画で見せる振り付けを使った表現の多彩さ

 ハッキリとした声質を持ちパワーのある声をしているのがかしこまりさん。基本的にアコギベースの音源で歌っており、声をより前面に押し出すスタイルです。

 「クリスマスソング」のサビで聞ける、裏声と地声の切り替えに少し癖があるのが、僕の個人的な好みであり、おすすめの聞きどころ。



 歌いかたの端々から原曲を聴き込んでいる様子が感じられて、曲へのリスペクトを感じられます。聞いていて心地いい理由かもしれません。

 すごく耳が良くて、耳から曲を覚えるタイプなのかなーなどど考えています。ぜひ、歌の合間に差し込まれるアレンジの聞いた節回しに耳を傾けてみてください。


KMNZ(画像は「小沢健二 featuring スチャダラパー – 今夜はブギー・バック(Cover) / KMNZ」より)
◆KMNZのココがいい!
・RAP中心のスタイル
・全く違うタイプのふたり組

 バーチャルバズトーク!の司会で知られているKMNZ。ふたり組で活動してはいますが、ソロの曲の公開も多いです。

 LITAちゃんのかっこいいラップと、LIZちゃんの甘くけだるげな声がとにかくマッチしてカワイイです。

 LITAちゃんのチャンネルでは、その選曲もラップが多いためかVTuberの中では独特です。懐メロが少し多めな感じがしますね。



 LIZちゃんのチャンネルではアニソンやボカロ中心の歌動画を聞くことができます。

 先述の通り甘くけだるげな声をしていますので、アニソンにはびったりマッチしています。とくに「ふわふわ時間」は必聴です。


天神子兎音(画像は「【天神子兎音】フーアーユーなんて言わないで【オリジナル曲】」より)
天神子兎音のココがいい!
・普段の動画とのギャップ
・アニソン、ボカロ楽曲にマッチした声質

 歌唱力の高さはもちろん、普段の動画で見せるポンコツな一面と裏腹に、歌う姿はときにはクール、ときにアツく……そんなギャップに惹かれます。また、Vカラ女子会などのイベントなどで見せた“生歌唱力の高さ”も魅力。

 オリジナル曲「フーアーユーなんて言わないで」では、出だしからめちゃくちゃかっこいい歌声とキャッチーな歌詞が聴く者を虜にします。コメント欄で見かけた「広告で流れてきたけど思わずフルで聞いちゃった」というコメントにも納得です。



 11月30日に投稿された歌ってみた動画「only my railgun」では、子兎音ちゃん特有のアニソンやボカロ曲にマッチした声を聞くことができます。

 とくにラスサビでキーが上がる際に声がうわずることなく、発語のしっかりとした高音を歌っているところに注目です。


道明寺ここあ(画像は「【胸がギュッとした】君の知らない物語 歌ってみた【化物語ED/supercell】」より)
道明寺ここあのココがいい!
・他の追随を許さない圧倒的歌唱力

 もう何もいうことがありません。圧倒的。一度聞けばわかります、この歌唱力。

 バーチャルカラオケ2018夏に出演した際にも高い歌唱力での生歌を披露して視聴者を驚かせました。歌うのが難しいとされているアニソンも何のその。余裕な顔して歌い上げます。



 こちらの動画は歌動画ではないのですが、アカペラでの歌唱力を遺憾なく発揮しています。

 ああ、隣で生歌を聞ける道明寺晴翔くんが羨ましくてたまりません。



バーチャルゴリラ(画像は「リラオンステージ「ワインレッドの心/安全地帯」」より)
◆バーチャルゴリラのココがいい!
・幅広い音域
・圧倒的イケボ

 圧倒的なイケボは一聴の価値あり。懐メロからボカロ曲まで、幅広い選曲。「ワインレッドの心」「LA・LA・LA LOVE SONG」など、普段カラオケに行く人にはわかる意外と難しい曲も高らかに歌い上げます。

 とくに「ワインレッドの心」動画で聴くことのできる低音の響きを残したまま高音まで登っていく歌いかたはなかなかできるものではありません。

 しっかりとした低音部とそれに引けを取らない豊かな響きを持った高音部のコントラストの美しさが素敵です。



 女性VTuberとのデュエットでは、どんな相手ともマッチする不思議な声質も魅力のひとつです。

 高音部でも響の成分が多めに含まれている声質ならではの相性です。


樋口楓(画像は「MapleDancer【樋口楓オリジナル曲】」より)
◆樋口楓のココがいい!
・元気ハツラツな声とバリエーション豊かな歌いかた
・視聴者提供の歌を歌う、距離感の近さ

 続いてはにじさんじから「でろーん」こと樋口楓さん。

 彼女の歌は、飛び抜けた声量だとかありえないほどの高音だとかは一切ありません。ですがその“精一杯歌っている感じ”だとか気持ちのこもった歌いかたはファンの心を虜にします。

 歌いかたはとても真っ直ぐで、小細工のようなものがまったくなく聞いていて心打たれるものがあります。



 また、ファン提供の曲を歌うそのスタイルから、激しい曲からかっこいい曲、かわいい曲、はてはラップなど幅広いジャンルを歌っているので、歌声や表現のバリエーションがとても多くきけるという良さもあります。


ヒメヒナ(画像は「【ヒメヒナMV】劣等上等(Cover)【本気モード入った】」より)
◆ヒメヒナのココがいい!
・細かなところまで作り込まれたMV
・安定感のある音域と歌いかた

 MVの数は少ないもののひとつひとつの作り込みがすごいです。歌動画の粋を超えてダンスや背景の作り込みにも目が言ってしまいます。

 また、歌唱力の高さも尋常ではありません。生放送でちらっと歌うときにも相当歌い慣れていることが感じられます。



 普段の動画のコミカルさと一線を画していくのかと思えば太陽系デスコのようなかわいくコミカルな動画もあり、その幅広さにはこれからも注目です。


町田ちま(画像は「【歌ってみた】変わらないもの/奥華子【町田ちま】」より)
町田ちまのココがいい!
・かわいい顔して実力派
・透き通るような繊細な声

 ある日超新星の如く現れた、にじさんじの町田ちまちゃんです。最初はかわいい顔をしただけのふわっと系女の子だったのですが配信開始して10分過ぎで評価が一変しました。

 こんなかわいらしい顔からは予想もできないようなゴリゴリの歌唱力の持ち主だったのです。(なぜか歌ったのは君が代だった……)



 あまり口を開かずに発音する、マイクボーカルに特化したタイプという印象を受けます。

 高音部分での声の抜きかたが心地良いですね。歌う曲はバラードが中心ですが、激しくかっこいい曲にも挑戦してほしいです。


緑仙(画像は「トウキョウト・ロック・シティ 歌ってみた/緑仙」より)
◆緑仙のココがいい!
・美声
・抜群の選曲センス

 初ツイートが「いいねのしすぎでの規制」だったというにじさんじSEEDsのやべーやつです。ファンからは“エロかっこいい”と賛美の嵐を受けるすばらしボイスの持ち主です。

 歌唱力ももちろん高く、アカペラ無加工でもそのエロかっこよさは健在です。



 また、その選曲が僕は大好きです。世代的に、というかボカロをたくさんを聞いてきた身としては刺さる選曲が多いです。

 ヒビカセ、右肩の蝶、トウキョウト・ロック・シティなどなど……どれもかっこいい!


番外編:雷輝アンタレス(画像は「【生歌アコギ】妄想税 Aco ver.【雷輝のアコうた。】」より)
◆雷輝アンタレスのココに注目!
・艶のあるアコースティック映えする声

 ここまでメジャーな方を中心に紹介してきましたが、最後に番外編として、僕が最近良く見ている中で「あまり知られていないんじゃないか?もったいない!」と思うこの方を紹介します。その名も雷輝アンタレス(えれき あんたれす)ちゃんです。

 自己紹介で「メタルスター」「ロック」という言葉が並ぶ中、アコギの弾き語りが多いというのがまず好きです。

 そしてその歌声は少し艶のある路上ライブで聞いたら思わず立ち止まってしまいそうな素敵な歌声をしています。めちゃくちゃ整ったわけでもなく、どこかしら荒っぽいところがまた良いのです。



 また、曲を聞いてくださった方はわかるかもしれませんが、彼女は猫なんですね。「な」が思わず「にゃ」になってしまうんです。はいかわいい。

 その中でも特に好きなのがこちらの曲。曲調も相まってか、可愛さがぐっと見えています。



 ここまで番外編も含めて11組のVTuberさんたちを紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

 もちろん、“独断と偏見で今のお気に入りの人達を”紹介しただけですので、燦鳥ノム、ちくわ、花鋏キョウ、ミライアカリ、織田信姫、アズマリム、etc… もっともっと好きな歌ってみた動画はたくさんあります!

 こんなにも多くの歌ってみたが存在し、もはやVTuberと歌は切っても切れない関係なのです。それにはたくさんの理由がありますが、詳しい話はまたどこかで。

 それではみなさん、またどこかでお会いできればと思います。
電ファミVRラボではVTuber情報のアレコレ発信中!
 このたび、2018年に大ブレイクしたVTuber(バーチャルYouTuber)の情報を追いかけていくべく、新たに専用のTwitterアカウントを開設(@dfng_vr)。

 2019年、VTuberというジャンルがどこへ向かうのか、電ファミニコゲーマーニコニコニュースオリジナルにてVtuber情報を追いかけていきたいと思う。

 アカウント開設記念のプレゼントキャンペーンも実施中なので、ぜひご応募を。

【電ファミVRラボTwitterアカウント】

―あわせて読みたい―

ミライアカリを手がける25歳の若き経営者、VTuberブームへの“危機感”ーーバーチャルライブ配信アプリ「IRIAM」リリースに込めた想い【インタビュー】

“VTuber目利き”が偏見まみれで厳選! ミライアカリの会社の新サービス「IRIAM」から生まれたばかりの初々しいVライバーたちを突撃取材してみた【聞き手:にゃるら】

その場にいるかのような臨場感がすさまじい! VTuberときのそら×銀河アリスのARライブが想像を遥かに超えたクオリティだった

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る