旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

サバゲーで無線偵察機を使ってみた 上空から敵が丸見えのチート状態に「ずりぃw」「クッソ楽しそう」と絶賛の声

2018年10月24日19時00分 / 提供:ニコニコニュース

 今回紹介するのは、自衛軍さんが投稿した『サバゲーで無人偵察機を使ったらこうなる【指揮官戦プレイ検証】』という動画です。再生数は2万回を超え、「スポーツ」カテゴリランキングで最高で2位を記録しました。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

HQ、UAVを利用した指揮官戦のテストプレイです。
サバゲーの新たな形っぽい感じがします。
国土交通省に問い合わせを行ってから撮影しています。
フィールドにドローンを持ち込む際は、諸々許可を得られない場合は飛行させられませんので注意して下さい。



 サバイバルゲームに無人偵察機を持ち込んだ動画が投稿されました。上空から敵の動きは丸見え。あまりのチートぶりに「ずりぃww」「丸見えw」「クッソ楽しそうw」と話題です。

 無人偵察機が飛び立ちます。本格的なドローンです。

 手元のモニターでフィールド内は丸見えです。操作者は「これ、楽しくない!? ロマンよねー」とウキウキです。

 敵の動きがはっきりと確認できます。相手の陣営を確認し「左から回ったほうが良い」と作戦を練ります。

 ドラム缶の裏に隠れている人もバレバレ。ドローンが飛んでいることに気づかれますが、敵はどうすることもできません。

 自動車の裏に隠れている人もよく見えます。

 「スナイパーの位置も確認して」と無線で指示が入ります。モニターを操作して探します。すると、かんたんに森の中に隠れている迷彩服のスナイパーが見つかりました。

 あまりのチートぶりに「これはひどいね(笑)」という声があがります。情報は強力な戦力であることが実感できます。それにしても、ゲーム画面のような映像にはロマンがありますね。新たなサバゲーの幕開けかもしれません。

視聴者コメント

バリバリのプロ用機材じゃねーか…
楽しくないわけがない
ずりぃww
丸見えw
クッソ楽しそうw

文/高橋ホイコ

▼動画はこちらから視聴できます▼

サバゲーで無人偵察機を使ったらこうなる【指揮官戦プレイ検証】

―あわせて読みたい―

サバゲ用に本気で大型兵器を作ってみた。制作期間10ヶ月、費用150万円の超大作はコチラ!

NintendoLaboで作った光線銃で“痛くないサバゲー” 帽子に付けたジョイコンめがけて攻撃開始!

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る