旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

『機動戦士ガンダム』ジオン軍モビルスーツを製造する兵器メーカーを解説 一年戦争終結後にAE社が買収するまでの歴史をひもとく

2018年10月17日12時00分 / 提供:ニコニコニュース

 今回紹介するのは、シラヌイさんが投稿した『[ゆっくり解説]ゆっくり霊夢と学ぶガンダムMS開発史講座 外伝』という動画。再生数は2.5万回を超え、「ニコニコ動画講座」カテゴリで過去最高1位を記録しました。

 大人気のロボットアニメ『機動戦士ガンダム』。現在も続編やその内容を受け継ぐ作品が出続けている作品ですが、そのアニメ『機動戦士ガンダム』に登場する、ジオン公国軍のMS(モビルスーツ)などを開発しているジオン公国系軍事企業をご存知でしょうか。

 本記事では音声読み上げソフトを使用して、同人ゲーム『東方Project』の霧雨魔理沙(きりさめ まりさ)と博麗霊夢(はくれい れいむ)のふたりのキャラクターが、ジオン公国系軍事企業をご紹介します。


AE社は最強!? 一年戦争後に、総合機動兵器メーカーのほとんどを吸収する
魔理沙:
 ジオン公国系軍事企業について説明するんだぜ。

霊夢:
 ZEONIC社とかZIMMAD社とかだよね?

魔理沙:
 ああ、他にも多くあり、それについて紹介しようと思う。初めに総合機動兵器メーカーについてだぜ。

霊夢:
 総合機動兵器メーカーって何?

魔理沙:
 MS(モビルスーツ)やMA(モビルアーマー)といった機動兵器を総合的に設計・開発可能な企業のことだぜ。

霊夢:
 なるほど。

魔理沙:
 1社目は、ZEONIC社。MSという兵器分類を生み出した総合機動兵器メーカーだぜ。

霊夢:
 クラブマンを作った企業だね。

魔理沙:
 サイド3に本社を置き、元々は、宇宙用重機の開発・製造企業だったんだが……。

 ザクやゲルググを代表とするMSや火器開発部門ではサブマシンガンを開発。他にもAMC(MSの用機体制御・操縦支援システム)なども開発。

魔理沙:
 一年戦争後は、AE(アナハイム・エレクトニクス)社に吸収され……。

 ZEONIC事業部としてザクタイプのMS開発だけでなく、ハイザック用サブマシンガン改を開発するんだぜ。

魔理沙:
 次は、ZIMMAD社。推進器の開発を得意とするメーカーで……。

 MSM‐03ゴッグやMS-09ドムを開発。

魔理沙:
 火器としては、マゼラトップ砲を開発するんだぜ。

魔理沙:
 一年戦争後は、AEに合併されたAE/ZIM社が設立され、GPシリーズ、リック・ディアスを手掛た。

 アトミック・バズーカやクレイ・バズーカも開発するんだぜ。

魔理沙:
 次は、MIP社。

魔理沙:
 MAや局地戦用MSやビーム兵器を得意とするメーカーで、MA-05ビグロやMSM-07ズゴックを代表に、

 火器では、ゲルググ用ビームライフルやビームマシンガン、ビームバズーカを開発するんだぜ。

魔理沙:
 一年戦争後は、AEの子会社になり、ガーベラ・テトラ用のビームマシンガンを製造するんだぜ。

魔理沙:
 最後はZwinemn社。元々はレジャーボートなどを手がけていたベンチャー企業だったが、ZEONIC社に買収されるんだ。

魔理沙:
 そして、アッガイ、アゾックを開発するんだぜ。総合機動兵器メーカーは、以上。

 総合機動兵器メーカーのほとんどが、一年戦争後は、AE(アナハイム・エレクトニクス)に吸収されていることに、「つまりAEはジオンのおかげでビッグになれたと」「連邦軍と技術の買収合戦やったらしいね<AE社」「そりゃAE社は死の商人ですし」といったコメントが寄せられました。
熱核反応炉系企業――MY型熱核反応炉の特徴は?
魔理沙:
 次は、熱核反応炉系企業だぜ。

霊夢:
 大体は、察しがつくけど、熱核反応炉系企業って何?

魔理沙:
 熱核反応炉系企業は、小型かつ高出力のMY型熱核反応炉の企業のことだぜ。

霊夢:
 MY型熱核反応炉って何?

魔理沙:
 現代の原子炉の各分離反応ではなく、原子核を原子核にぶつけて融合させ新しい原子核を作り、その融合するときに発生するエネルギーを電力へ転換する核融合反応を採用している反応炉で、仕組みは強力なIフィールド【※】を展開した炉心にヘリウム3と重水素を送り込むと炉心の中で核反応が発生。

※Iフィールド
ガンダムシリーズに登場するミノフスキー物理学の根幹を成す現象。ミノフスキー粒子に静電入力を行った際に発生する、立方格子状の不可視のフィールド(力場)を指す。

 その核反応のエネルギーがIフィールドを介して、電力に変換され各部に供給される。Iフィールドによる電力変換は高効率なうえ、Iフィールドにより放射線が封じ込められるというメリットがあるんだ。これがMY型熱核反応炉の特徴なんだぜ。

霊夢:
 よくわかったよ……。

魔理沙:
 じゃあ話を戻すぜ。1つ目は、ZAS社。

霊夢:
 プロトタイプザクのZAS-X7を開発した所だね。

魔理沙:
 そうだぜ。他には、ザクⅠのZAS‐MI8とザクⅡA型とC型のZAS‐MI11反応炉も開発したんだぜ。次は、M&Y(ミノフスキー・イヨネスコ)公社。

霊夢:
 名前からしてMY型熱核反応炉の開発した所?

魔理沙:
 そうだぜ。宇宙世紀0047に設立された公社でMY型熱核反応炉の開発を最初に行ったんだぜ。

魔理沙:
 MS用熱核反応炉の開発、ZAS社に先越されたが、ザクⅡF型のMYFG-M-ES F56‐M3ES型、J型のJ21-M3ESJ型の反応炉をZEONIC社と共同で開発するんだぜ。

 MY型熱核反応炉の特徴を聞いて、コメント欄では「スーパーテクノロジーだよなぁ」「そんな変換できるのか知らなかった」「ミノフスキー粒子は魔法の粒子」「この設定考えた人凄すぎるわ」といった感想が寄せられました。

武器系企業は多い!?
魔理沙:
 次は、武器系企業だぜ。

霊夢:
 MS用の武器を作っている企業だよね。

魔理沙:
 そうだぜ。1つ目はMMP社。MS用の実弾式手持ち機関砲のメーカーで120㎜ザクマシンガンを改造したMMP-78や独自設計の90mm MMP-80を開発するんだぜ。

魔理沙:
 次はH&L(ハニーウォール・ライセオン)社。MS用のバズーカを開発している企業でザクバズーカやジャイアント・バズを開発するんだぜ。

魔理沙:
 次は、VAL(フォルクス・アルメーエン・ラボラトーリウム)社。ここは砲弾をレーザー誘導可能なラケーテン・バズを開発するんだぜ。ちなみに型式番号の880㎜は、砲弾の全長なんだぜ。

霊夢:
 でか! かなり大きいね!

魔理沙:
 次は、ZUX(ズックス)社だぜ。ここは。ルナ・チタニウム合金の加工技術を持つ銃器メーカーでMS用、多目的ショットガンZUX-197 ヤークトゲヴェールを開発するんだぜ。連邦軍のMSに有効打を与えられたが、軍上層部の評価はあまり高くなかったぜ。

霊夢:
 そうなんだ。

魔理沙:
 次は、ALBERT社だぜ。MIP社と、この後紹介するウェポン・システム社と共にゲルググ用ビームライフルを開発したり。

 ビームナギナタやハイザック用ビームライフルの原型となったアクトザク用のビームライフルを開発するんだぜ。

魔理沙:
 次は、システム・ウェポン社だぜ。ビーム兵器メーカーで、ゲルググ用ビームライフルの各種手配を担当の他、機材の提供も行った。

魔理沙:
 次は、キア社。ここは、内臓・固定式メガ粒子砲の開発メーカーでゴッグに搭載されているメガ粒子砲やジオングの有線式メガ粒子砲を開発するんだぜ。

魔理沙:
 次は、ラインメタル社。艦載メガ粒子砲を開発するメーカーでムサイのメガ粒子砲を開発。

 ザクレロの拡散メガ粒子砲の開発をするんだが、コーダ社に開発を移管するんだぜ。ついでに説明するが、コーダ社は、ラインメタル社からザクレロ用拡散メガ粒子砲の開発を引き継ぎ完成させたものの、評価は高くなかったんだぜ。

霊夢:
 せっかく作ったのに悲しいね。

魔理沙:
 次は、ブリッツ社。機関砲のメーカーでザク・デザートタイプの頭部60㎜バルカンを開発するんだぜ。

魔理沙:
 次は、ラッツリバー社だぜ。ミサイル系兵器の開発メーカーでザク・デザートタイプの腕部3連装ミサイル・ポッドや腰部ミサイル・ポッドP-3を開発するんだぜ。

魔理沙:
 次は、ブラウニー社だぜ。ロケット弾系の兵器メーカーでザク・マリンタイプのM8 240mm4連装ロケット弾ポッドを開発するんだぜ。最後は、エール社だぜ。大口径の実弾式火砲を扱うメーカーで長距離ライフルを得意とする大気圏内用長距離ライフルYELL-T556 240㎜ドラゴンスレイヤーを開発するんだぜ。

 武器系企業の多さに、「現実の兵器もこれ以上の企業が関わってるし後付でもここまでちゃんと考えられてるガンダムはすごい」「いくら複数の宇宙コロニーを擁する国とはいえ火器を作れる重工業メーカー多すぎませんかね」「本来武器製造をしてない企業に無理矢理作らせた感があるなw」といったコメントが寄せられました。
パーツ系企業に銃器メーカーも――モビルスーツに多くの企業が関わっている
魔理沙:
 次は、パーツ系企業だぜ。

霊夢:
 パーツ系企業?

魔理沙:
 主に光学機器やマニピュレーターを作っている企業だぜ。1つ目はカノム精機だぜ。

魔理沙:
 大型レンズの研磨技術に長ける光学機器メーカーでジオン系MSの代名詞であるモノアイの光学装置を作っているメーカーだぜ。

魔理沙:
 次は、グラモニカ社だぜ。

魔理沙:
 カノム精機と一緒でモノアイ製造に不可欠なメーカーでMS用モノアイのベースとなるメインフレームを作っているんだぜ。

魔理沙:
 次は、フェリペ社だぜ。MS用外部認識装置を開発している企業でモノアイに組み込むセンサーを開発するんだぜ。

魔理沙:
 最後は、オスカログ精工。医療機器メーカーで手術用精密アームの技術を転用し完成された触感センサーユニットは卵を潰さずに割ることができるほど精密でザクⅡS型のマニピュレーターの高性能化を担当したんだぜ。

 今までMS関連の企業について説明してきたが、ここからは、MS以外の企業について説明するぜ。地上車両。サイド3のビアルコロニーに拠点を置く軍用オフロードバイクを開発したB.M.C社。次は、MS製造企業。サイド3の工業コロニーの町工場でANCの最適化、ザクシリーズの製造を委託されたホシオカ。

霊夢:
 試作型MS-04を作った所だね。

魔理沙:
 ああ。あと、『Developers』以外の作品『機動戦士ガンダム MSV-R 宇宙世紀英雄伝説 虹霓のシン・マツナガ3巻』や『アッガイ博士2巻』でも少しだけ出てきているんだぜ。欧州レシャニス市最大の兵器メーカーで、試作長砲身120㎜砲を開発、地球降下作戦後MS製造に協力したシュライゼ社。

魔理沙:
 次は、銃器メーカー。ナバン社。拳銃から大型火器まで開発する総合銃器メーカー。ジオン制式拳銃ナバン61式を開発するんだぜ。

魔理沙:
 次は、ヴァルタ社。拳銃やそのアクセサリを開発している銃器メーカーでジオン制式拳銃ヴァルタP8シリーズを開発するんだぜ。

魔理沙:
 次は、タイガ社だぜ。小銃を中心とした重機を開発している銃器メーカーで無反動ライフルタイガ 70-Rを開発。宇宙の部隊を中心に配備されているんだぜ。

魔理沙:
 次は、マズラ社だぜ。多用途機関銃を開発している銃器メーカーでマズラ MG74、車載バージョンのマズラ MG74/S を開発。地上部隊で広く使用されたんだぜ。

魔理沙:
 最後は、スマルツァ社。短機関銃を開発している銃器メーカーでジオン制式短機関銃MP-71を開発するんだぜ。以上でジオン公国系軍事企業について終わるぜ。

霊夢:
 ジオン系だけでこんなに多いんだね、知らなかったよ。

 パーツ系企業に銃器メーカーまであることに、「MSは総合産業だから色々会社があるわな」「だから統合整備計画を発案するんやな マ=クべは」「まああでもぶっちゃけ重機一つ作るにしても数社、精密機器絡めば十数社の技術が入ってるからねえ・・MSともなればなおさらやで。」「これ、公式ですら全部把握してないんじゃないか?」といったコメントが寄せられました。

 多くの様々な企業があることに驚きを隠せないコメントが動画には多く寄せられました。二人が紹介するジオン公国系軍事企業をノーカットで楽しみたい方はぜひ動画を視聴してみてください。

▼動画はこちらから視聴できます▼

ガンダムMS開発史講座 外伝

―あわせて読みたい―

『機動戦士ガンダム』ジオン軍の主力兵器『ザクⅡ』開発史 モビルスーツ同士の格闘戦の経験が後継機「ゲルググ」に受け継がれるまでを解説

『機動戦士ガンダム』ジオン軍の型式番号の法則を解読 MSM-02ジオングetc…番号からわかるモビルスーツの機体仕様

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る