旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

マクロファージの乙女の秘密がまさか過ぎて赤血球固まる。3分で振り返る『はたらく細胞』第10話盛り上がったシーン

2018年09月13日07時00分 / 提供:ニコニコニュース

 『はたらく細胞』10話上映会が、2018年9月10日にニコニコ生放送にて放送された。

 ここでは、本放送のコメントデータを抽出し、とくに盛り上がっていたシーンTOP3を紹介していく。
(画像は『はたらく細胞』公式サイトより)『はたらく細胞』第10話盛り上がり指数TOP3『はたらく細胞』第10話上映会におけるコメント数のグラフ。

※コメント盛り上がり指数
1分間あたりのコメント数からそのシーンの盛り上がり度を編集部独自に算出した数値。

1位:単球=マクロファージという現実に思考停止(『はたらく細胞』10話上映会より)(『はたらく細胞』10話上映会より)
 もっとも盛り上がったのは、赤血球が変な顔のまま固まるシーン(③18:41ごろ)。

 白血球たちのピンチに駆け付けた単球達は、血管の外に出たことに気付くと衣装を脱ぎ、マクロファージへと姿を変える。

 あの単球の中身がマクロファージという衝撃の事実に頭が追い付かなかった赤血球は、目を見開いたまま固まってしまう。

 ここでは、固まった赤血球の顔に対し「顔w」「ざーさんw」「へーw」などコメントが書き込まれた。
2位:単球、勝利のサムズアップ(『はたらく細胞』10話上映会より)(『はたらく細胞』10話上映会より)
 2番目に盛り上がったのは、単球が赤血球に向けてサムズアップするシーン(②06:34ごろ)。

 侵入してきた細菌に追い詰められる赤血球。そこへ新キャラの単球がやってきて、連続攻撃で細菌をいともたやすく撃破する。

 助けられた赤血球は、単球に感謝の言葉を伝える。すると、単球は振り向きながらサムズアップを見せるのだった。

 そんな単球のサムズアップに答えるように、視聴者たちも大量の「b」コメントを送っていた。
3位:放送開始早々に血小板とエンカウント(『はたらく細胞』10話上映会より)(『はたらく細胞』10話上映会より)
 3番目に盛り上がったのは、赤血球が血小板を目撃するシーン(①01:40ごろ)。

 路地裏への配達を終えた赤血球が隣接する通りへ出ると、そこには工事現場で仕事中の血小板の姿が。

 さっそく血小板を呼び掛ける赤血球は、そのまま彼女に接近し、ほっぺをプニプニ触るスキンシップを始めていた。

 放送開始2分経たずしての血小板の登場に「血小板ちゃん」「きゃわたん!きゃわたん」といったコメントで盛り上がりを見せていた。
第11話は9月17日放送


―『はたらく細胞』関連記事―

開幕OPのサプライズに視聴者も驚愕しまくり! 3分で振り返る『はたらく細胞』第9話盛り上がったシーン

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る