旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

「子供を使ってスマホロックを解除」「ニセの同窓会通知」浮気調査の手法を探偵が直伝

2018年09月12日11時15分 / 提供:ニコニコニュース

💡ここがポイント

●探偵への依頼の7割が浮気調査、依頼人の7割が女性。
●パンツから煙草の匂いがするなどの“浮気がばれるきっかけ”を探偵が解説。
●「ニセの同窓会通知」などの浮気調査の方法も紹介。

 ミュージシャンの西川貴教さんらが「学ぶ」をコンセプトに「身近で当たり前の事だけど詳しく知らないモノ、事」をテーマに深掘りしていくニコニコ生放送の番組「西川学園高等学校、略してN高!」。

 8月28日の放送回のテーマは「探偵」。講師には、探偵でありお笑いコンビ・オオカミ少年としても活動する片岡正徳さんが、生徒には番組レギュラーの西川さん、ミクロマンサンライズ!!!さん、星田英利さん、ゲストには河中あいさん、MCには土屋礼央さんが登場。

 片岡さんが実際に遭遇した現場での体験談や、浮気がバレるきっかけ、浮気調査の方法、調査費用をできるだけ安く抑える方法、裁判で有利に持っていく方法などを大公開。また調査に必須と言われるビデオカメラを使った人間の盲点を突く撮影方法に、スタジオ中が驚きに包まれました。
片岡正徳さん。
―あわせて読みたい―

キャリア8年目の「探偵」が解説 尾行調査・盗聴器探索…知られざる探偵学校のカリキュラム

月3000万稼ぐキャバ嬢が明かす“売れる嬢の3条件”。「明るい」「毎日出勤」あとひとつは…?

元受刑者が語る女子刑務所のリアル ――「全裸四つん這いで身体検査」「夜中は大便以外は流せない」
元ヒモ男が更生して……実際にあった現場のいい話時計回り順に左手奥から西川貴教さん、ミクロマンサンライズ!!!さん、星田英利さん、河中あいさん。
土屋:
 浮気の疑惑を抱いたら……ということで、次は依頼する側の授業でございます。あなたのパートナーが浮気をしてるんじゃないかと疑惑を抱いたら、まず何からはじめるべきかとか、そして浮気をしている側からすると、相手にどんなことをされている可能性があるのか、という。

西川:
 もう見ないほうがいいんじゃない?

土屋:
 そもそも論で、探偵会社の調査の割合で浮気はどれぐらいなのかを円グラフでまとめてみました。こちらです。

西川:
 多いな! 7割!

片岡:
 僕の会社の場合はこういう割合になります。

土屋:
 その他って何があるんですか?

片岡:
 たとえばペット探しだったり。あとはお子さんがいじめられていないか調べたりとか。

土屋:
 探偵側からすると、難問なほうが興奮するんですか?

片岡:
 全部引き受けたものはベストを尽くさせていただきます。ペット探しの上手い方とか、こういう犬だったらこういうペットフードを置くと来やすいとか、この木の木陰に置くと来るんだとか、いろいろと専門家の方に。

西川:
 範囲は国内だけ? たとえば「主人がイランでして……」みたいな。

片岡:
 本当にあるんですよ。なので、だいたい20万円くらい現金とパスポートを持って出るというのもあります。

星田:
 いきなり海外に行く時あるの?

片岡:
 行くパターンの場合もあります。

土屋:
 ひとりで会社をやっているじゃないですか。年間どれぐらいの依頼をこなしているんですか。

片岡:
 浮気調査だと30件くらいですかね。ただ30件と言いましても、1件が半年とか、そうすると5、6本が重なってしまうこともあるという。

西川:
 並行してやるということ?

片岡:
 はい。奥様によっては慰謝料が出たらお渡しますという方もいらっしゃいますし、僕的には「これくらいでいいです」って言っても、「片岡さんのおかげで綺麗になって新しい人生を歩みたいのでこちらは……」とか、後からのパターンもございます。

土屋:
 人を幸せにしている部分もある探偵でございますが、浮気の調査を依頼する男女比がいろいろ気になるんですけれど、それがこちらです。やっぱり女性が多い。

西川:
 そりゃそうね。

片岡:
 僕の会社はこうなんですけれども、他の探偵社の話を聞くと、50:50になってきているみたいです。僕の場合、なぜ女性が多いかと言うと、先ほど言ったみたいにストーカーの手助けになることが男性の方は多かったりするので、というのもあります。

ミクロマンサンライズ!!!:
 ストーカーの手助けになってしまうことがあるというのは、よくあることなんですか。

片岡:
 あるんですよ。

星田:
 DVされて逃げている子を探すハメになってしまうとか?

河中:
 怖い。どこでこれはやっちゃだめだと気付くんですか。

片岡:
 たとえば「本当に結婚しているんだったら、その証拠を見せてください」とか、結婚してない場合でしたら「調べる女性のお父さんお母さんの了解を得てください」と。

西川:
 そりゃそうですね。でないとね……。

片岡:
 一回あったんですよ。男性の方が来られて、「実は僕は元々ヒモをやっていた」と。「当時の彼女が風俗的なところで働いて助けてもらっていた」と。「僕は今トラック運転手になって、自分で稼げるようになったから、彼女と結婚したい」って言われたんですよ。

 「ごめんなさい、もちろんピュアな気持ちだと思うんですけれど、ストーカーの手助けになる可能性があるので、僕はできません。ただ女性のご両親のOKがあれば……」とお話ししたら、「僕、一回だけ彼女の実家に行ったことがあって、行ってみます」と。

 後日、お父さんお母さんと「実は僕は昔付き合っていた時はヒモで、今ちゃんと彼女を受け入れたいんです」とお話をしたらしいんですよ。するとちょうどお父さんお母さんも彼女と連絡が取れていなかったみたいで、じゃ……ということで3人で来られたんです。

 「じゃ、やります」と。我々が動くとすぐわかりますので、実際はまだそういうお店で働かれていまして、渋谷というか、とあるホテルで出てこられた。お父さん、お母さん、ご本人のトラック運転手の方が外で待っている。

 「今から来ます」みたいな感じで、どんなリアクションになるかな? とドキドキしていたんですけれど、その女性が来た瞬間に、自分のお父さんお母さん元彼を見て、大爆笑されたんです。もう言い訳のしようがないみたいな。

 そのままご家族と一緒にタクシーでいなくなりまして。2週間後くらいに僕のところに来られまして、「結婚することになりました」と。そういうこともありました。

一同:
 よかった!

片岡:
 そういうこともありましたね。
パンツのタバコのニオイで浮気がバレた!
土屋:
 女性が浮気をしているんじゃないかと感じたので依頼が行く。ということで、女性の勘はどういうところに浮気をしていると感じるかというと、たとえば河中さん、どうですか。

河中:
 女の勘は絶対にあると思います。いつもと同じ態度で、いつもと同じLINEとか、当時はメールですけれども、でもわかるんですよ。なんかきょうは行ったほうがいい気がするとか。

西川:
 行ったほういい気がする?

河中:
 前の旦那さんではなくて、その前に付き合っていた人なんですけれど、きょうは行ったほうがいい気がするとか。なんとなく働くんですよね。

星田:
 文字でわかるということ?

河中:
 文字もいつも通りなんですけれど、何か違うんですよ。何か違和感があって、行ったほうがいいと思って。鍵を持っていたので行って待っていたら「今帰った」って連絡が来るんですよ。「帰ってねえじゃん!」と。

一同:
 うわ~!

土屋:
 女の勘を具体的に文字にすると、こういうことだということもあるんです。

 パンツからタバコのニオイがしたということ。

星田:
 一回脱いだということ?

片岡:
 パンツ一丁でタバコを吸っているからタバコ臭いわけですよね。どういうところですか? と言ったら、ホテルですよね。みたいなところで奥様は思うわけですよ。洗濯する時とかに「あれ? タバコのニオイがするな」とか、そういうところから、ちょっとおかしいなとか。

西川:
 ブリーフ一丁でタバコって、もうAV男優やん(笑)。

一同:
 (笑)

西川:
 勝新太郎やん(笑)。

土屋:
 やっぱりニオイは嗅ぐの?

河中:
 私は無理ですね。そこまではしたことないです。勘のみです。

片岡:
 たとえば土日に急に歯を磨いて外に出るようになったとか、趣味で急に野球をはじめるとかで出るようになったとかで、あれ? おかしいぞというのが、点と点が線になっていく、みたいな。
Wi-Fiの自動接続が決定的な浮気の証拠に
土屋:
 そういうところから探偵会社に依頼しようということになるわけですけれども、探偵会社側の意見で言うと、「浮気してるから! 探して!」ということだけで来られても困ると。一番大事なのはここだという話がこちらでございます。

 浮気の証拠を握ったあと、どうしたいのかということがまず必要です。

片岡:
 例えば奥様が証拠を握って離婚したいんですか? とか、相手の女性と別れさせたいんですか? とか、慰謝料が欲しいんですか? とか、そういうことによって僕のアドバイスも変わってくる。

星田:
 どうしたいかの理由によっては断ることもあるんですか?

片岡:
 まずはお話を聞かせていただきます。ただちょっと話が成立していないなとか、ちょっとストーカーのニオイがするとか……。

西川:
 そこで感じられるわけだ。

片岡:
 そういう方って、最初に言わないんですけれど、いろいろ深いお話をすると「実は他の探偵社に頼んで断られたんだよね」とか、そういう方もいらっしゃいます。そうすると対象者の方も「探偵かな?」とか常に追われている気持ちなので、ちょっとしたことで気付かれてしまうこともあるので、そういう場合は「ちょっと時期を見てご相談させてください」と。

星田:
  たとえば、とあるアイドルの大ファンで「ちょっと調べてくださいよ」みたいな。「お金はいくらでも出すんで」みたいなのは?

片岡:
 そういうのは絶対に受けない。それがトラブルの元になったり、探偵の地位が下がってしまうので。

星田:
 彼氏彼女やったらいいけれど。

片岡:
 はい。

土屋:
 ヨリを戻したいのと、慰謝料を取ってやろうと、本当に両極端なゴールがあるわけです。

ミクロマンサンライズ!!!:
 どのケースが多いんですか。

片岡:
 僕が多かったのは、まずは真実を知りたいという方が多いです。

西川:
 言うよね! 言うと思う! 言うけど……。だいたいそうじゃないですか?

土屋:
 「怒らないから言ってみて!」。

西川:
 それそれ! そういうやつ。その先どうしたいの? っていうのはありますよね。

片岡:
 僕もすごい修羅場を見たことがあったんですけれど、奥様が旦那さんを浮気しているのを調べて欲しいと。ずっと冷静だったんですよ。旦那さんを調べてみたら黒でしたと。

 「わかりました」と。旦那さんに言うわけです。「言うことがあるんじゃないの?」みたいな。「愛人とかいるんじゃないの?」「いないよ」「じゃ、ちょっと車乗って」って。愛人宅の前まで行って。「言うことあるんじゃないの?」「ないって」「あっそう」。

 愛人宅の部屋の前まで行くんです。「言うことあるんじゃないの?」「ないって」「携帯見せろ」って言って見たら、Wi-Fiの電波が3本立っていた。

一同:
 うわ~!

星田:
 気持ちいいな!

ミクロマンサンライズ!!!:
 Wi-Fiか!

河中:
 今の時代、そうですよね。

土屋:
 今だからこそのバレ方もあるということですね。

浮気発覚でもちょっと待った! 裁判で有利にする方法
土屋:
 慰謝料を取るとなると、裁判沙汰になるわけですよ。そうなるといろいろ慎重にしなければいけません。これは結構勉強になりますよ、こちらです。裁判では浮気現場3回押さえる必要がある。これはどういうことですか。

片岡:
 たとえば奥様から依頼を受けて対象者の旦那さんを追いかけている。愛人の方とラブホテルから出てくるところを撮ったとしても、旦那さんに知恵があった場合、「いやいや、一緒にいた女の子が体調悪くしただけだから」って言うと、裁判の時に免除されることがある。

 ただこれが3回あれば、そんなに体調悪くならないですよね? ということで、黒になることがある。

西川:
 (コメントを見て)「1回でも許せないんだけど」って(笑)。

一同:
 (笑)

片岡:
 気をつけてほしいのが、たとえば「これ黒でした」って言うと、「これ調べたんだけど」って言っちゃう奥様がいるんですよ。言っちゃった場合、半年後にやっぱり怪しいから探偵つけて黒だった、もう1回やって黒だった、で裁判に出したとしても、実は3回のカウントにならない。1回目に話しちゃった時点で和解になってゼロカウントになるので、2回分にしかならない。

河中:
 探偵側が3回まで言うのを待ってほしいです。

片岡:
 そういう場合も僕は説明をして、「奥様はどちらがいいですか」と。

西川:
 そうじゃないと「なんで1回目に言わないの!」って言うよ。

河中:
 そうかも(笑)。

土屋:
 でも、これだと3回も調べないといけないので、お金がかかるじゃないですか。これを逆手に取る悪い探偵会社がいるんです。

片岡:
 対象者の旦那さんに喋ってしまったりとか。あとは旦那さんが愛人と一緒に出てくる。もちろんこの女性のほうも探偵は尾行しているんですけれど、奥様に「実は旦那さん黒でした」と。「この女はどんなやつ?」「ちょっとそれは見ていないんです」と。

星田:
 「じゃ、それも調べてよ」 となる。

西川:
 よくできてるな、これ。

星田:
 悪い探偵ならとことん引きずり出せる。

西川:
 見つけたくて仕方ないんですもんね。
調査依頼費を安く抑えるヒント
土屋:
 そこで人情の片岡探偵事務所でございますから、お金がかかるものですけれど、できる限りお金をかけずにということで、依頼する前にこういうことをしておけば、安く済むんじゃないかというアイテムがあります。河中さん、何だと思いますか。

河中:
 スクショとかっていうことですか。

土屋:
 そういうことです。

河中:
 あと何時に帰ってきたとか。

西川:
 あとパンツがカピカピになっているやつを写真に撮ったりとか(笑)。

星田:
  DNA鑑定されたら終わり(笑)。

土屋:
 先ほどのマンションの前でWi-Fiが繋がったみたいな話もそうですが、誰もが持っているもの。それはスマートフォンですね。ただロックがあります。国も解除できないくらいですから。

西川:
 大問題になりましたもんね。

土屋:
 それを解除したら中がわかると。これでほぼ情報がわかるわけですが、ここからはプライバシーの問題があるわけですよ。他人がパスワードを解除するということはかなりグレーな部分ということで、ここからは片岡先生の独り言だということで。

西川:
 なんじゃそれ(笑)。

土屋:
 あくまでも先生の独り言を聞いてもらいます。こちら。

片岡:
 あくまでもそういう方がいらっしゃったということなんですけれども、お子さんが小さければ、「パパの携帯の中に面白いアプリがあるよ、やらせてもらいな」と。「その時にロックのパターンだけ覚えておいてね」っていうことですね。

西川:
 最低やで(笑)。

片岡:
 そこまでしてでも知りたがる奥様がいらっしゃると。あとは旦那さんのロックの仕方も、ちょっと光の加減で形がわかったりすることもある。たとえばそういうのを奥様が知ってから僕のところに来ていただくと、無駄な予算がかからずにという人も過去にはいました。

土屋:
 他にもあります。こういうアイデアがあります。調査費を安く抑えるヒントはこちら。依頼者が自分宛に偽の同窓会の通知を出す。

西川:
 なるほど、そういうことか。家を空けるもんね。

片岡:
 奥様が自分で同窓会の通知を出して、旦那さんとご飯を食べてる時に「来月、月末に地元の名古屋で同窓会があるんだ。土曜日なんだけど。行っていいかな?」と。旦那さんは「せっかくだからご両親に顔出してきたほうがいいし、金曜日だから泊まって来いよ」って言った旦那さんが、もしも浮気相手がいれば金曜日は絶対に……。

 その1日だけ我々が尾行すれば安くなる。

西川:
 なるほど。

片岡:
 こういうことを僕はお話させていただいているので、他よりも安く調べることができるんです。

土屋:
 親切だと思います。調査のアイデアみたいなところだから。

西川:
 「1週間バッチリ張り込まないと」と言われたら、仕方ないな……と思うけれども、そういう形で少し軽減して親切にできるというのは、確かにそうですね。

河中:
 それでカウント1ですもんね。

片岡:
 そこきっかけから、「やっぱり浮気しているな」となった場合は、そこから次どういう作戦でいきますか? と。

土屋:
 やっぱり慰謝料が欲しいんですよね。

河中:
 そりゃ取りたいですもんね。そりゃそうですよ(笑)。

土屋:
 依頼する側もこれだけ準備をすれば、一番コストもかからず効率よくということで。
写真と出口は必ずチェック。浮気調査で大事なポイントとは
土屋:
 浮気の調査に行きましょうか。ここからは実際にどういう浮気調査をしているのかという話ですけれども。これは公開していい話なのかというのは……。

片岡:
 基本、公開する方はいらっしゃらないとは思うんですけれども、僕的にはみなさんに知っていただいて。

星田:
 これはそれぞれの探偵でやり方が違うから言えるということ?

片岡:
 そうです。

土屋:
 浮気調査で大事なポイントを教えてもらいましょう。まずはこちらです。写真と出口。

星田:
 やっぱり出口ってポイントやねんな。

片岡:
 写真もやはり、旦那さんがどういうふうな人なのかということで、写真をいただくんですけれども、僕らが見るのは耳の形と大きさ。髪の毛の色とかだと変わったりしますので、メガネもダテメガネがあるじゃないですか。耳の位置とか眉毛の形とか鼻の大きさとかを見るようにする。

星田:
 それで覚える?

片岡:
 はい。前もって旦那さんが家から出てくるところを見たりとか、難しいところでしたら「隣に引っ越してきました」みたいに、タオルを渡す時に見るとか。

一同:
 うわ~!

星田:
 この時代に律儀でめずらしいヤツやなと思ったら探偵の場合があるんや!

片岡:
 みたいなことがあったりします。なので、とても大きな会社ですと、6時ぐらいに終わったら何百人と出てきたりして見つけられないじゃないですか。だから写真を見て前もって調べておくことを「面取り」と言いまして、これはやっておかないといけない。

西川:
 目を慣らしておく。

片岡:
 そうなんです。出口というのは、たとえば大きなビルの場合ですと、出口が何ヶ所かあったりとか、たとえば地下まで行ったら地下鉄があったり、一階だとタクシーとか、いろいろなパターンを考えて、基本は3人で尾行するんですけれど、出口の時だけはプラス3人で6人でやることとかもあると。

 エレベーターに乗るのが、いきなり3人とも乗ると怪しまれたりというのもありますし、そこら辺のバランスがなかなか都内は難しい。

土屋:
 地下鉄併設のビルとか。

西川:
 めちゃくちゃありますもんね。

片岡:
 スタートだけ上手く掴んでしまえば、そのまま尾行できるんですよ。たとえば電車に乗られていても隣の方の顔とか覚えていないですよね。結局、自分が探偵に尾行されているという意識があれば気付くのですが、それ以外のことを考えて歩いていますよね。

星田:
 ちょっとぶつかってしまって、絡みたくないけれど絡んでしまったみたいな場合とかあるの? 「すいません」っていう会話を交わすこともある?

片岡:
 僕はそこまでないんですけれど、急に振り返られたりとかはあります。そういう時は普通に堂々と歩く。

星田:
 それしかないですもんね。

片岡:
 どう堂々とするか、どう額縁の四隅になれるかみたいな考え方。

西川:
 在来線はもとより、我々は新幹線で大阪までとかで2時間乗っていても、誰も覚えていないですもんね。

片岡:
 そういうことなんです。

土屋:
 1日40万人が利用しますから。

西川:
 なんで余計な情報を入れてくるの(笑)。

土屋:
 でもこれ、鉄道に乗るかもしれないし、タクシーに乗るかもしれない。いろいろなスペシャルチームじゃなければいけなかったりする。

片岡:
 そうなんです。対象者の方がタクシーを停める前にこちらにいらっしゃったら、こっちが先に停めて乗って、「ちょっとそこに停めておいてください」って言って、行ったら行く。あとはバイクチームがいたり、車チームがいたりとかで捜査する。

星田:
 追っている人が居酒屋とかの店に入った時に、その店に客のフリをして入る場合もある?

片岡:
 あります。

星田:
 カウンターに一緒におるの?

片岡:
 カウンターに行かれたら、斜めからカメラを回しながらとか。ポイントで撮っておけばいいので。

土屋:
 本当に『ミッション:インポッシブル』と全く一緒ですよね。女性をひとり入れると、よりいいと。

片岡:
 たとえば女性の方がいらっしゃれば、女性専用車両のところとかは僕は行けないですから。下着売り場に行った時とかも女性だったらいいですけど、僕とかだったらおかしいので。どうしても行かなきゃいけない時は、「僕、下着メーカー社でリサーチさせてもらっているんですけれど」みたいな感じで店員さんとお話したりします。

西川:
 あと建物の中でいたとしても、男性ふたりでというよりも、男女だったりするほうが警戒心がちょっと落ちますもんね。

 ああいうのないの? 映画みたいに、振り向かれた時に一緒に付いてきた女の人とキスのふりをする……みたいな(笑)。

一同:
 (笑)

土屋:
 憧れる(笑)。

片岡:
 そういうシーンはなかったです(笑)。

腰で撮影する!? 盲点を突いた撮影テクニック
土屋:
 それでいてチームで行くわけですけれども、浮気調査に必ず持っていかないといけないアイテムがございますね。

片岡:
 それがこちらでございます。ビデオカメラです。

星田:
 普通に市販されている?

片岡:
 はい。普通に撮っているんです。このまま腰撮りなんですよ。

星田:
 嘘やろ! 気付くやん!

片岡:
 気付かないんですよ。先ほど言った電車の理論と一緒で、隣の人の顔は覚えていないですよね。たとえば街を歩いていて渋谷池袋辺りで腰だけを見ていてください。腰でこうやって撮っている人、います。1日に2、3人は見かけます。

星田:
 撮った映像に、腰で撮っている人が映っている映像もあるの?

片岡:
 あります。池袋とか歌舞伎町とか、そういうところは多いです。

星田:
 「腰で撮る」。名言や(笑)。

片岡:
 たとえばこうやってやっていて、礼央さんを撮っているパターンもありますし。

星田:
 セカンドバッグに入れてとか、そういうのじゃないんですね。警察から「何しているの?」と言われることはあった?

片岡:
 僕はないです。銀色の部分を黒いガムテープを付けたりとか、そういう方はいらっしゃいますけれど。ちなみにこれはSONYの物なんですけれど、なぜかと言うと、立ち上げが一番早いんです。

土屋:
 確かにSONYは早い! やっぱりVHSと違ってベータのイズムがあるからね!

西川:
 こんなところでSONYが評価されると思わないですよ(笑)。

片岡:
 たとえばメガネ型のカメラとか、ペットボトル型とか、今だとフリスクみたいなカメラもあるんですけれど、あくまでもそれは交渉事の時に証拠として音を取っておきたい時とかなんですよね。このカメラですと、撮り忘れたということがほとんどないんです。これで開いてボタンを押してしまうと、ずっと回しっぱなしなので。

 先ほども言いましたけれど、探偵は3人動いているので、僕が撮れなかったとしても残りふたりが撮っていたり、店に入るところ、出るところとかがポイントなので、全部回しておかないといけないということはないです。調査報告書は写真で出しますので。

一同:
 うわ~。

ミクロマンサンライズ!!!:
 腰を回しながらすれ違いざまに違う探偵さんとすれ違って「あっ、どうも」みたいなことはあるんですか(笑)。

片岡:
 今まではなかったです(笑)。

▼記事化の箇所は下記バナーをクリックして
34:28からご視聴できます▼



―あわせて読みたい―

キャリア8年目の「探偵」が解説 尾行調査・盗聴器探索…知られざる探偵学校のカリキュラム

月3000万稼ぐキャバ嬢が明かす“売れる嬢の3条件”。「明るい」「毎日出勤」あとひとつは…?

元受刑者が語る女子刑務所のリアル ――「全裸四つん這いで身体検査」「夜中は大便以外は流せない」

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る