旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

愛知・瀬戸発。地域で仕事をつくる若者 第20回 「陶磁胎七宝」「練り込み」の技法を伝えていく。姉と弟が歩んだ陶芸家への道

2021年12月03日10時00分 / 提供:マイナビニュース

"せともの"の街、愛知県瀬戸市。この街は火の街・土の街と呼ばれ、昔から真っ白な陶土や自然の釉薬が採れるため、やきものの産地として栄えてきました。「ものをつくって、生きる」そのことに疑いがない。それゆえ、陶芸に限らず、さまざまな"ツクリテ"が山ほど活動する、ちょっと特殊なまちです。瀬戸在住のライターの上浦未来が、Iターン、Uターン、関係人口、地元の方……さまざまなスタイルで関わり、地域で仕事をつくる若者たちをご紹介します。

→これまでのお話はこちら

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る