旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

北大、視床下部に食欲を抑える働きがある神経細胞を発見

2021年12月01日22時21分 / 提供:マイナビニュース

北海道大学(北大)は12月1日、脳の視床下部(全身代謝・体温・食欲などを司る脳の一部)の背内側核と呼ばれる神経核において、食後に活性化し食欲を抑える働きがある神経細胞を発見したと発表した。

同成果は、同大大学院獣医学研究院の戸田知得助教らの研究グループによるもの。詳細は代謝学の専門誌「Molecular Metabolism」に掲載された。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る