旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

JR東日本E657系「水戸偕楽園号」赤塚駅で折り返し、偕楽園駅へ運転

2021年10月17日19時53分 / 提供:マイナビニュース

JR東日本は、冬の期間(2021年12月1日から2022年2月28日まで)に運転する臨時列車について発表。常磐線では、偕楽園の梅の見頃に合わせて仙台駅から水戸方面の臨時列車を新設するほか、土浦駅・水戸駅から仙台・松島・小牛田方面の臨時列車も運転する。

偕楽園の梅の見頃に合わせた臨時列車は2月26日、特急「ひたち」の車両E657系(10両編成)を使用して運転される。上り「ひたち92号(水戸偕楽園号)」として仙台駅を8時36分に発車し、水戸駅まで全車指定席の特急列車で運転した後、水戸駅から全車自由席の快速「水戸偕楽園号」に。偕楽園駅には上りホームがないため、赤塚駅で折り返し、偕楽園駅の下りホームに12時27分に到着する。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る