旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

Javaに悪用時の影響が大きな脆弱性、アップデートを

2021年04月23日08時48分 / 提供:マイナビニュース

情報処理推進機構(IPA: Information-technology Promotion Agency, Japan)は4月21日、「Oracle Java の脆弱性対策について(CVE-2021-2161等):IPA 独立行政法人 情報処理推進機構」において、Oracle Javaに脆弱性が存在すると伝えた。Oracleからはこの脆弱性が攻撃された場合の影響が大きいとアナウンスされており注意が必要。該当するプロダクトを使用している場合は、迅速に修正プログラムを適用することが推奨されている。

脆弱性に関する情報は次のページにまとまっている。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る