旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

『青天を衝け』悲劇の名場面が話題に 「桜田門外の変」を過去の大河と比較

2021年04月17日21時00分 / 提供:マイナビニュース

●日本を変える大きな転換点を新たな描き方で表現
大河ドラマ『青天を衝け』(NHK総合 毎週日曜20:00~ほか)の主人公・渋沢栄一(吉沢亮)は2024年に発行される新札のアイコンになる人物。第9回「栄一と桜田門外の変」(脚本:大森美香 演出:村橋直樹)ではかつて500円札のアイコンになった岩倉具視(山内圭哉)も登場して、お札の人が2人も! とテンションが上がった視聴者もいるのではないだろうか。今後、津田梅子や北里柴三郎や、樋口一葉、夏目漱石、福澤諭吉、岩倉具視、高橋是清、板垣退助、伊藤博文、新渡戸稲造など続々お札の顔になった人たちが出てくることを期待する。そう思うと江戸末期から明治期はお札の顔になった人を多く輩出している。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る