旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

DJI「Air 2S」発表、折りたたみドローンに1インチセンサーカメラを搭載

2021年04月16日11時01分 / 提供:マイナビニュース

DJIは4月15日、空撮ドローンの新製品「DJI Air 2S」を発表した。プロペラ部分を折りたためるコンパクトなAirシリーズに、1インチセンサーのカメラを搭載。障害物検知センサーの強化で自動操縦機能が向上。コンテンツ作り、飛行を楽しむ、旅行の記録など、一般向けドローンのニーズをバランスよく満たしてくれる。価格は119,900円(ドローン本体/送信機/バッテリー×1個)。バッテリー×3個、プロペラ×2セット、NDフィルター、充電ハブ、ショルダーバッグ、DJI Care Refresh(1年)などを含む「DJI Air 2S Worry-Free Fly Moreコンボ」が165,000円となっている。

カメラの1インチセンサーはピクセルサイズが2.4μmと大きく、多くの画像情報を取り込み、色鮮やかに細部まで捉えた映像を記録できる。静止画の有効画素数は20メガピクセル。5.4K/30p、4K/60pの動画を撮影でき、最大ビットレートは150Mbps。4K/30pでは4倍、2.7K/60pで4倍、2.7K/30pと1,080/60pで6倍、1,080/30pで8倍のデジタルズームを使用できる。ジンバルのスタビライズ機構は3軸(チルト、ロール、パン)。8GBのストレージを内蔵。また映像伝送技術OcuSyncが「OcySync 3.0」にアップデートされており、最大12km(FCC)/最大8km(MIC 日本)で安定した映像伝送を実現する。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る