旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

ソニー、HDR表現力を高めた4Kプロジェクタ「VPL-VW875/275」

2021年04月16日10時08分 / 提供:マイナビニュース

ソニーは、「ダイナミックHDRエンハンサー」により映像の表現力を高めた、4K SXRDホームシアタープロジェクター2機種を5月8日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は、レーザー光源を備えた「VPL-VW875」が330万円前後、長寿命ランプの「VPL-VW275」が60万5,000円前後を見込む。

2018年発売の4Kホームシアタープロジェクター「VPL-VW855」と「VPL-VW255」の後継モデル。VPL-VW875は4K HDRホームシアタープロジェクタの最上位モデルで、本体カラーはブラック1色。VPL-VW275は“4K入門モデル”という位置づけで、ブラックとプレミアムホワイトの2色を用意する。VW875はレーザー光源で明るさは2,200ルーメン、VW275は水銀ランプで明るさは1,500ルーメン。レンズの種類やダイナミックアイリス機構の有無などにも違いがある。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る