旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

『青のSP』“毒親”がテーマ 真木よう子「子どもの立場だったらどう思うか」

2021年03月09日11時00分 / 提供:マイナビニュース

女優の真木よう子が、きょう9日に放送されるカンテレ・フジテレビ系ドラマ『青のSP(スクールポリス)―学校内警察・嶋田隆平―』(毎週火曜21:00~)の第9話の見どころを語った。

今回は“毒親”がテーマ。赤嶺中学でも、高校受験を控え進路指導が始まる。涼子(真木)が担任のクラスでも三者面談が始まるが、家庭によっては生徒と親との志望先が異なる家庭もあった。芸能活動を辞めたい娘の思いを無視して続けさせたがる母親や、娘の考えを無視してお金のかからない高校を進路先にさせようとする父親。そして、自分と同じ帰国子女が多い高校を受験したい生徒と家業の病院を継がせるため医学部付属の高校を受験させたい母親などが登場し、涼子は頭を悩ます。

そんな第9話について、真木は「子どもを持つ親としては、自分の子供の将来は気になりますが、今回はそれが行き過ぎたケースを扱っています。自分が、その立場だったらどうするか? また、子どもの立場だったらどう思うかを考えさせられる作品だと思います」と話した。

前回の第8話では、岡部(遠藤雄弥)による暴行未遂事件を公表しようとした香里(明日海りお)を阻むべく、生徒を脅迫して香里を死に追いやったのは、校長の木島(高橋克実)だったと判明。木島の逮捕ですべて明らかになったかに思われたが、隆平(藤原竜也)は、そもそもの発端となった暴行未遂事件について香里が何かを追及しようとしたのではないかと考えて調査を続ける。果たして、そこにはどんな秘密が隠されているのか…。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る